Drive! quattro!!

1より2、2より4

アウディのクワトロは、フルタイム4WD車の頂点に君臨するシステムといえる。
「4輪駆動なら知ってる。身の回りにもたくさんあるし。」 そう思っている人も多いだろう。しかし、十把一絡げにしてはいけない。

2駆と4駆の切り替えが無いからフルタイム4WDだと主張する例もあるが、どれも同じかと言えばそうでもない。そのあたりの違いを、日帰り1000kmのロングドライブをしながら、じっくりと説いていこう。アウディ「クワトロ」は長距離が得意なのだから。 まず4WDの基本的な話。
エンジンの出力を路面に伝える駆動輪は、理論的にはひとつでもクルマを動かせる。が、一般的にクルマは前なり後ろなり2輪を駆動して走る。そのほうが駆動力が安定して伝わるからだ。そしてさらに4輪全部を動員すれば、より一層の安定が得られることになる。
駆動の反対にブレーキでの減速シーンを考えてみてほしい。2輪ブレーキより4輪ブレーキの方が安心だと納得できるはずである。
たとえ2輪駆動の場合でも、タイヤの軌跡や上下動は左右で異なる。空気圧や車輪にかかる荷重次第では回転するタイヤの半径にも差が出るから、それぞれの回転数は常時変化してしまう。その回転差を補正するために、「デフ」という差動装置が用いられる。左右両輪の中間でゆらゆら動く歯車が、回転差に対して

みちのく1000kmクワトロ・テスト quattro 1000km Test

  • 雨の東北道をひた走る。スムーズな走りは、アウディ「クワトロ」の真骨頂だ。
quattro ショールームで「クワトロ」の性能を感じられる、2日間。事前に、参加申し込みフォームに必要事項を入力された方には、来場特典として特別プレゼントを差し上げます。Feel quattro(R)キャンペーンはこちら 3day モニターキャンペーン実施中 Audiと共にすごす特別な3日間。Audiならではの上質な体験を 是非ご自身でお確かめください。A3 SportbackまたはA4よりお選びいただけます。 Feel Audi キャンペーンはこちら