webCG
カーナビの達人 2008 SUMMER

webCGカーナビの達人 > 最高峰ナビのすべて > カロッツェリア > WEB連携機能──進化したスマートループ

カロッツェリア AVIC-VH9000
→TOPへ戻る




パソコンリンクソフト
同梱のパソコンリンクソフトを使えば、インターネット上の地点情報を地図に表示可能。ナビへの転送もできる。

ドライブプラン
自宅のパソコンで地図表示、検索、ルート探索などを行なってドライブプランを練り、ブレインユニットに保存できる。

ブレインユニット
映像や楽曲をパソコンからブレインユニットに転送したり、アルバムごとに任意の画像を表示することも可能。

スマートループ
スマートループに参加すれば、データのバージョンアップが3年分無料。このアップデートマネージャーからデータを入手する。

渋滞情報
スマートループ渋滞情報の矢印は破線で表示。通常のVICSでは得られない渋滞情報が入手でき、ルート探索やリルートにも反映される。









WEB連携機能──
進化したスマートループ


 スマートループは、06年のサイバーナビにおいて発表、それ以来実践されているカロッツェリア独自のカーナビ情報ネットワーク。通信によって鮮度の高い渋滞情報などが得られる「リアルタイムプローブ」、脱着可能なブレインユニット構造を利用して、家庭で専用サーバーと接続し各種地点情報などのやりとりができる「蓄積型プローブ」、ブログによる地点情報の共有が可能な「スマートループドットログ」の3つのシステムから構成され、そこで得られる膨大な量の情報を利用してナビ性能の向上、ひいては快適なドライブを実現しようというもの。しかしこれまでは、主に携帯電話のパケット代がかかりすぎることへの不満や、家庭での接続の煩雑さなどの理由から、スマートループ参加者が一部のユーザーに限られていた。

 08年のサイバーナビは、こうした実情を鑑み、専用の通信モジュールを設定(月額1050円:使い放題プラン)、家庭でも同梱のUSBケーブル1本でパソコンと接続できる新リビングキットを採用するなど接続環境を大幅に改善。併せて、ポピュラークラスの楽ナビも今回から通信モジュールに対応、新登場のエアーナビも加え、ブランド一丸となってのスマートループ対応体制が整った。08年はスマートループの飛躍的な拡大が期待できそうだ。

 サイバーナビに同梱されている専用パソコンソフト「ナビスタジオ」も注目のアイテム。このソフトをインストールすると、パソコン上でナビゲーションの操作全般を行なうことができる「ドライブマネージャー」、燃費管理やナビ本体のイルミ色が調整できる「メンテナンスマネージャー」、最新各種データのダウンロードが可能な「アップデートマネージャー」、パソコンに保存されている映像や楽曲データをブレインユニットに転送できる「Beat Jam」などの機能が使用できる。なかでもドライブマネージャーは、インターネット上にある多種多様な情報を、マウスの右クリックで地図上に表示、データをブレインユニットに転送できるなど、外とのつながりを強化する能力によって、スマートループ躍進の担い手になりそうだ。




カロッツェリア AVIC-VH9000 主な機能

WEB連携機能──
進化したスマートループ


厳正厳格な実走行テスト



戻る
次へ

カーナビの達人TOPへ




Copyright 2013 Nikkei Digital Media, Inc. All rights reserved.