webCG
カーナビの達人 2008 SUMMER

webCGカーナビの達人 > 最高峰ナビのすべて > クラリオン > 実走行テスト > 測位性能

クラリオン NX808
→TOPへ戻る




複雑な立体駐車場

測位性能1
測位性能2

動画で詳しく見る

※ テストは発売前の試作機で実施したもので、必ずしも市販製品で同じ結果が出るとは限りません。







厳正厳格な実走行テスト
測位性能


複雑な立体駐車場での位置精度

駐車場南側の道路から左折入場する際にはややオーバー気味。誤測位の原因になるかと危ぶまれたものの、すぐに立ち直って旋回を開始。上昇路での旋回円の半径は一定で好結果が期待できそうな気配があったが、途中から少し南にずれてしまった。上層階での停車位置はそのため、わずかに南寄り。上昇時とは逆の右旋回での下りでも自車マークの動きは軽快で、隣の旋回路に移るときの位置もほぼ正確。ところが地上近くまで下降したところで突然、自車マークがすぐ北側にあるJRの線路上を北西方向に進行を開始。クルマが出口に着いたときは100mあまり北東にずれた位置に停まっていた。復帰はしかし早く、30mも走行すると正しい位置に戻ってきた。もう一段の性能向上を期待したいところだ。


検索 測位性能 横浜駅東口への案内 一般交差点、首都高速の分岐案内 ルート探索

クラリオン NX808 主な機能

WEB連携機能──
抜群の使いやすさ チズルとススム


厳正厳格な実走行テスト



戻る
次へ

カーナビの達人TOPへ




Copyright 2013 Nikkei Digital Media, Inc. All rights reserved.