webCG
カーナビの達人 2008 SUMMER

webCGカーナビの達人 > 最高峰ナビのすべて > 三菱 > 厳正厳格な実走行テスト

三菱 NR-HZ750CD-DTV
→TOPへ戻る





検索





検索

三菱の特徴はどの項目でもまず現在いるエリアから表示されること。これに一気読みで正確に探せた音声認識が復活すればいうことないのだが。
テスト詳細

測位性能





測位性能

上空が開けた道なら問題ない測位性能だが、高架下道路や高層の駐車場はあまり得意なフィールドではないようで、より一層の性能向上が望まれる。
テスト詳細

横浜駅東口への案内





横浜駅東口への案内

交差点案内は比較的早い時期から拡大表示されるので、このように交差点が連続すると拡大表示が出っぱなしになるが、結果的にわかりやすかった。
テスト詳細

一般交差点、首都高速の分岐案内





一般交差点、首都高速の分岐案内

交差点、首都高速ともに3D風のイラスト表示。どちらも特徴をよくつかみながらもシンプルな描き方でわかりやすい。
テスト詳細

地デジ





地デジ

依然としてモニターがEGAタイプなため高画質表示ができない弱みはあるが、受信性能そのものも難受信地区では標準以下という結果だった。
ルート探索





ルート探索

探索にかかる時間の短さはトップレベル。ルートの選び方は標準的。スマートICはデータさえ載っていないのでそこを利用したルート選びは不可。
テスト詳細

※ テストはすべて発売前の試作機で実施









三菱 NR-HZ750CD-DTV 主な機能

D3Aエンジンでトップクラスの
地デジ受信性能を追求


厳正厳格な実走行テスト



戻る
次へ

カーナビの達人TOPへ




Copyright 2013 Nikkei Digital Media, Inc. All rights reserved.