webCG
カーナビの達人 2008 SUMMER

webCGカーナビの達人 > 最高峰ナビのすべて > 三菱 > 実走行テスト > 測位性能

三菱 NR-HZ750CD-DTV
→TOPへ戻る




複雑な立体駐車場

測位性能1
測位性能2

動画で詳しく見る

※ テストは発売前の試作機で実施したもので、必ずしも市販製品で同じ結果が出るとは限りません。







厳正厳格な実走行テスト
測位性能


複雑な立体駐車場での位置精度

従来から厳しい条件下の測位ではあまり良好な成績を残していない三菱のナビだが、今回も同じような結果に終わった。オーロラシティパーキングへは南接する道を左折して進入するが、この時点でややオーバー気味。その後はいったん正しい位置に戻ったかに見えたが、すぐに北東方向にずれて旋回を開始。上層階で駐車したときにも、自車マークは上側の写真のように線路に近い場所にずれていた。下りの旋回時にも、自車マークの動きそのものは悪くなかったものの、クルマがもう少しで地上というところまで降下したとき、北に向かって直進し線路を横断。出口では200mほどの位置ずれが生じてしまった。GPSの電波を受けた後の復帰もあまり早い部類とはいえず、正しい位置に戻るまでしばらくの間、待たなければならなかった。


検索 測位性能 横浜駅東口への案内 一般交差点、首都高速の分岐案内 ルート探索

三菱 NR-HZ750CD-DTV 主な機能

D3Aエンジンでトップクラスの
地デジ受信性能を追求


厳正厳格な実走行テスト



戻る
次へ

カーナビの達人TOPへ




Copyright 2013 Nikkei Digital Media, Inc. All rights reserved.