webCG
カーナビの達人 2008 SUMMER

webCGカーナビの達人 > PNDとポータブル 最新7台の実力は? > ミオ・デジウォーカー

ミオ・デジウォーカー
→TOPへ戻る



ミオ・デジウォーカー







ミオ・デジウォーカー
Mio Digiwalker P560
54,800円(税込み)

画面サイズ:3.5インチ
内蔵メモリー:2GB
外部メモリー:SD/MMCカードスロット
バッテリー持続時間:約4時間
サイズ:72×115×17.8mm(幅×高さ×厚さ)
質量:約170グラム



端子
USBとヘッドホン端子、マイク、メインスイッチは底面に。

メインスイッチ
スライド式のメインスイッチとは別に電源スイッチを装備。スタンバイ時にこれを押すとすぐに立ち上がる。

スリム&シンプル
メニューの呼び出しはこのスイッチで。スリム&シンプルなボディが美しい。

カードスロット
通常のSDカードに加えてSDHCにも対応するカードスロットを装備。動画や音楽を楽しむときはこちらで。





 どちらかといえば、カーナビ機能を持ったPDAといった印象。事実、ナビ機能以外のアプリケーションが充実している。OSはWindows Mobile 6.0 classicで、無線LAN(IEEE802.11b/g)を内蔵しているからWi-Fiに対応。ホットスポットなどの無線LANエリアなら、メールの送受信ができるしウェブサイトの閲覧もできる。またOffice Mobileを搭載しているので、エクセル、ワード、パワーポイントのファイルも読める。ほかにもPIM機能により、スケジュール管理や連絡先の管理ができるし、Microsoft ActivSyncによりWindowsパソコンとのデータの同期もできる。パソコンのサブ機として持ち歩いて、ついでにカーナビにもなるという感覚で使うPNDなのだ。

 そしてOffice Mobileなどのアプリケーションと同列で組み込まれているのがナビゲーションソフトの「Mio Drive」。ゼンリンのデータをベースとしたソフトで、住所検索が約3200万件、電話番号が約780万件、ジャンル検索が22ジャンル約42万件。50音やマップコードでも検索できるし、周辺検索は地図の中心から5km以内の施設をピックアップできる。また、最寄り駅検索は項目が独立している。電車で動くビジネスマンにも使い勝手がよさそうだ。

 画面が縦長だから、方面看板案内やジャンクションガイドなどの拡大画像は、上下2分割した画面の上に表示。慣れてくると、地図を見ずに拡大画面だけで走行できる。方面案内看板は2万8105カ所、ジャンクション案内は1032カ所、交差点イメージ表示は4795カ所、高速道路入り口表示は816カ所など、主要な場所では、わりと頻繁に拡大表示が出るので、わかりやすい。

 カーナビとして見た場合、やや気になるのは、表示のタイミングが他メーカーに比べてやや遅れ気味なこと。同じゼンリン系のデータを採用しているのなら、同じタイミングで拡大表示や音声案内が出てもいいのに、P530だけはやや遅れる。もちろん、交差点を過ぎてから案内するような遅さではないが、ほかにも、検索やルート探索、スクロール等も含めて、動作はやや遅めということは知っておいたほうがいい。

 とはいえ、パソコンと連動してビジネスユースに使えるあたりは魅力的。GPS内蔵のスマートフォンから携帯電話機能を省いたものと思えば、イメージしやすいだろう。MP3/WMAの圧縮音源と、WMV形式の動画を再生できるWindows Media Playerも搭載している。なお、Bluetoothも内蔵しているが、これは音声案内や音楽等を、レシーバーに送信するためのもの。バイク用ナビとしても使えるだろう。







携帯性








携帯性は?


P560の本体はスリムでコンパクトだが、取り付けるための周辺部品がやや大きめ。とくに取り付けスタンドは、バッグへの収まりが悪いので、旅先で使うには、これを持参せずに代用品を使ったほうがいいかもしれない。




取り付け性








取り付け性は?


四角いベースをダッシュボード上に貼り、吸盤で吸着する方式。本体が縦長な上にステーも長いので、画面はずいぶん位置が高くなり前方視界を妨げることもある。左右に首を振る動きもしづらい。












検索機能は?


メニューを表示させ、目的地→施設検索→ジャンル検索→交通→空港・飛行場と選ぶと、空港を近い順にリストアップ。ここから住所による絞り込みもできる。縦型画面とメニュー構成に慣れていないためか、やや操作にとまどうこともあったが、慣れれば問題ないはず。ラーメン屋を周辺検索するには施設検索→周辺検索→ラーメン店の順に。日本の名物料理など項目は充実しているのだが、ラーメン店の情報は収録されていなかった。












案内は?


一般道の普通の交差点は矢印で進行方向を示すが、主要交差点になると、とたんに3Dイラストの交差点案内が表示される。このギャップがすごい。上から4枚目の有料道路入り口の3Dイラストマップは、本来、右車線を走っていないといけないのだが、なぜか矢印は左車線を走ることになっているのが気になる。都市高速を走行中はハイウェイモードに切り替わり、ジャンクションでは拡大表示もする。案内データはなかなかの充実ぶり。





PND トップページ

ガーミン・ヌビ250

ミオ・デジウォーカー

パナソニック・ストラーダポケット

サンヨー・ゴリラ

ソニー nav-u(ナブユー)

カロッツェリア・エアーナビ

クラリオン・ドリブトラックス



戻る
次へ

カーナビの達人TOPへ




Copyright 2013 Nikkei Digital Media, Inc. All rights reserved.