webCG
カーナビの達人 2008 SUMMER

webCGカーナビの達人 > PNDとポータブル 最新7台の実力は? > サンヨー・ゴリラ

サンヨー・ゴリラ
→TOPへ戻る



サンヨー・ゴリラ







サンヨー・ゴリラ
SANYO GORILLA
NV-SB360DT

オープン価格(実勢価格 7万円前後)

画面サイズ:4.5V型ワイド
内蔵メモリー:4GBフラッシュメモリー
外部メモリー:SDカードスロット
バッテリー持続時間:約4時間
サイズ:128×85×26.2mm(幅×高さ×厚さ)
質量:310グラム



SDカードスロット
SDカードスロットを装備。その下は順にヘッドホン端子、パーキング端子、電源端子。上は増設アンテナ端子。

電源スイッチ
電源スイッチは本体上部に。USB端子はバージョンアップの際などに使用する。

ワンセグ用アンテナ
ワンセグ用アンテナはロッド式。別売のフィルムアンテナを接続できる端子も用意。





 日本国内でメモリーナビの人気に火を付けたのがサンヨー・ゴリラ。そんなゴリラの最新モデルがNV-SB360DT。メモリーに4GBのSSD(ソリッド・ステート・ドライブ)を採用したモデルである。

 SSDとは半導体メモリーを使ったデータ記録装置。HDDのようにディスクを使用しないため、データを読み書きする時間はHDDよりも短い。またHDDのようにディスクが回転しないから、電力消費が少ないし、衝撃にも強い。しかもカード型のメディアより大容量化が容易。カーナビにとって理想的な記録装置といえる。

 一般的なPNDはメモリーが2GBだが、その倍の4GBの容量を持つSSDゴリラでは、検索データ、案内情報など、ナビ機能が他のPNDに比べて圧倒的に充実している。実際、他のPNDと並べてドライブしていると、交差点拡大などの案内画面が1台だけ飛び抜けて詳しい場面も多々ある。案内が詳しいナビが欲しいなら、文句なしにゴリラをオススメしたい。

 エンターテインメント機能はワンセグチューナーとミュージックプレーヤーを搭載。ワンセグ放送には予約録画機能もあり、SDカードに録画できる。録画するなら家庭のHDDレコーダーを使えばいいような気もするが、予約し忘れて出かけたときなどは便利だろう。予約できるのは1週間10番組分。16GBのSDカードなら最大80時間の録画が可能だ。

 ミュージックプレーヤーだが、再生できる音楽ファイルはMP3とWMAの圧縮音源。FMトランスミッターも内蔵しているので、カーラジオを経由して、クルマのスピーカーから音楽を聴くこともできる。ワンセグ放送の音声も同様なことが可能。また、ナビゲーションしながら、音楽やワンセグの音声を楽しめるのもゴリラならでは。一般的なPNDではナビソフト、音楽ソフト、ワンセグチューナーを切り替えて使うため、ナビと音楽再生を同時に機能させることはできなかった。ところがゴリラは、AVナビのようにそれができるのだ。

 ほかに、エコドライブ情報も今の時代にマッチしている。急加速や長時間のアイドリングなど、燃料を浪費するような運転をすると、音声と画面表示で警告するし、走行状態からエコドライブ度を評価する。

 サンヨー・ゴリラは完全にポータブルナビ。それはメーカー側が一言もPNDといわず、ポータブルナビと表現していることからもわかる。その理由は、取り付け時にパーキングの信号をとる必要があること、取り付けステーが、シールによる貼り付け式であること。つまり、手軽に載せ替えできるPNDよりは、取り付けに手間がかかる。とはいえ、ナビ機能はPNDを圧倒。測位能力は最も優れたPNDより劣るものの、検索&案内の能力は高いポータブルナビだ。







携帯性








携帯性は?


フラットに収まる取り付けスタンドは携帯性がよく、角度調整後の締め付けはコインでできるなど、よくできている。これで吸盤式だったら……と思うと、つくづく残念。それに目を瞑れば、携帯性は上々の部類。




取り付け性








取り付け性は?


貼り付けタイプのスタンド。貼り付け部にカバーがあるのですっきり見える。ステーは左右回転と上下方向の角度調整が可能。ステー中央の1カ所をコインで締め込めば、一気に固定できる賢いつくり。












検索機能は?


ジャンル検索で福岡空港を目的地に設定するには目的地→ジャンル→交通機関→空港→件名→エリアの順で選ぶ。情報量が多いためか、操作の手数は多い。空港の地図を表示したあと、ポップアップメニューで周辺検索や施設の詳細情報を見ることができ、提携駐車場や出入り口情報がある施設は自動的に教えてくれる。福岡空港ではターミナル指定をすることも可能だった。ラーメン店の情報も豊富だ。












案内は?


都内で試したときは割と頻繁に方面看板案内や3Dリアル交差点ガイドが出てきて、さすが大容量4GBのSSD!思ったが、福岡ではなぜか一般道の交差点拡大図の登場箇所が少なかったのが気になる。それでもレーン案内や、一般道と高速道路色分けしたルートの道塗りなどはわかりやすく、平面の交差点拡大図も距離感をつかみやすい。高速入り口やジャンクション、高速出口の3Dイラスト表示もインパクトがあってわかりやすいものだ。





PND トップページ

ガーミン・ヌビ250

ミオ・デジウォーカー

パナソニック・ストラーダポケット

サンヨー・ゴリラ

ソニー nav-u(ナブユー)

カロッツェリア・エアーナビ

クラリオン・ドリブトラックス



戻る
次へ

カーナビの達人TOPへ




Copyright 2013 Nikkei Digital Media, Inc. All rights reserved.