webCG
カーナビの達人 2008 SUMMER

webCGカーナビの達人 > PNDとポータブル 最新7台の実力は? > ソニー nav-u(ナブユー)

ソニー nav-u(ナブユー)
→TOPへ戻る



ソニー nav-u(ナブユー)







ソニー
nav-u(ナブユー)

SONY nav-u NV-U2
オープン価格(実勢価格 6万円前後)

画面サイズ:4.8型ワイド
内蔵メモリー:2GBフラッシュメモリー
外部メモリー:メモリースティックデュオスロット
バッテリー持続時間:3時間(スタミナモード)
サイズ:約145×約87×約20mm(幅×高さ×厚さ)
質量:約250グラム



メモリースティックスロット
本体底面にメモリースティックスロットを装備。メモリースティックPRO Duoに対応。

クレードル
電源入力は本体にもあるがクレードル(取り付けスタンド)にも装備する。USBも装備。

電源ボタン
電源ボタンは本体上部に。ボディは今回用意したPNDのなかで最もスリムな20mm。

VICSビーコンユニット
別売のVICSビーコンユニット(オープン価格)はダッシュボードに設置しクレードルにつなぐだけの簡単装着。





 ソニーの第2世代PND、NV-U2には他のPNDにはない魅力がある。その魅力とは、まず第一に別売ながらVICSビーコンユニットを用意していることだ。渋滞情報はPNDの弱点のひとつ。PND&ポータブルナビの一部にも、FM多重のVICS情報を取れるモデルはあるが、FM多重のVICSでは、広域の渋滞情報が表示できるだけで、リアルタイム性も薄いし、自動的に渋滞回避もしない。その点、NV-U2にVICSビーコンユニットをプラスすれば、渋滞回避ルート探索ができる。渋滞が多い都市部では、渋滞情報は必須なのである。

 第二の魅力は測位性能が優れていること。一般的なPNDはGPS衛星からの信号のみで測位を行なうが、NV-U2は“ポジションプラスG”という測位システムを搭載。これは、GPSに加え、方位を検出するジャイロセンサー、上下の動きを検出する気圧センサー、加速度を検出する加速度センサー、それらの情報を加味して測位を行なうもので、GPSが受信できないトンネル内でも、わりと正確に自車位置を表示する。驚いたのは、トンネルの中で二股に分岐している場所でも、走行中の道を正確にトレースしたこと。他のPNDにはできないワザで、各種センサーの情報を組み合わせたハイブリッド測位の賜物である。

 しかも、これらのセンサーを内蔵しながら、取り付け性は他のPNDとなんら変わらない。これなら他車へ載せ替えても、同じ測位性能が維持できる。

 モニターは4.8型ワイド。当然、タッチパネル式だが、モニター上に指で円を描くと縮尺が変わったり、屋根を描くと自宅へのルート探索が始まるなど、指で形をなぞるだけでいくつかの操作が可能なユニークな機能もある。タッチメニューも、ボタンが大きいため操作性は良好。

 検索データは、住所検索が約3000万件、電話番号と施設検索は1000万件と標準的なもの。ほかに最寄り検索やジャンル検索ができる。また、ペタマップという地図情報サイトと連動しているので、メモリースティックデュオを経由して、パソコンから必要なスポット情報を持ち出して、NV-U2で使うこともできる。これをうまく活用すれば、情報量は大幅に拡大するし、最新のスポットにも出かけられる。

 当初のNV-U2の道案内は、矢印表示だけだったが、ファームウェアのバージョンアップにより、交差点拡大ができるようになった。また、ナビゲーション中でも音楽再生が可能になった。

 音楽再生&ビデオ再生にもメモリースティックデュオを使用。再生できるファイルはMP3の圧縮音源とMPEG-4の動画だ。ワンセグチューナーは内蔵していないので、TV番組を見ることはできない。





携帯性








携帯性は?


本体はスリムだし取り付けスタンドもコンパクト。VICSビーコンユニットも小型だから持ち運びできる。ただし、ACアダプターは大きい。クルマだけで使うならACアダプターは不要だから、問題なしとしよう。




取り付け性








取り付け性は?


取り付けスタンドは前モデルに比べてコンパクト化。VICSビーコンユニットや電源の配線はスタンドに集中している。吸盤は真ん中のボタンを押してレバーを回す方式。シボ入りのダッシュボードにもベースなしで貼り付けられる。












検索機能は?


画面左サイドのメニューボタンにタッチし、行き先→ジャンル→車・交通→空港→県名の順で福岡空港をジャンル検索。その時にポップアップする「ここへ行く」にタッチすればルート探索が完了する。操作の手数は標準。県名の指定をせず、近い順にリストアップしてくれればなおいいのだが。続いてラーメン店を周辺検索。リストアップされた店にはアイコンが表示される。が、自車位置からの距離や方角はリストではわからない。












案内は?


ファームウェアのバージョンアップ前にテストしたので、一般道の進行方向の案内は矢印表示。これでも慣れれば、迷うことはないのだが、ファームウェアのバージョンアップによって、交差点拡大表示できるようになり、より道案内がわかりやすくなる。この時点では都市高速の入り口も矢印表示だ。高速道路に入ると、俄然、イラスト表示を多用した案内に変わる。ハイウェイモードも表示可能。拡大図の絵柄はサンヨーなどと同じもの。





PND トップページ

ガーミン・ヌビ250

ミオ・デジウォーカー

パナソニック・ストラーダポケット

サンヨー・ゴリラ

ソニー nav-u(ナブユー)

カロッツェリア・エアーナビ

クラリオン・ドリブトラックス



戻る
次へ

カーナビの達人TOPへ




Copyright 2013 Nikkei Digital Media, Inc. All rights reserved.