webCG
カーナビの達人 2008 SUMMER

webCGカーナビの達人 > PNDとポータブル 最新7台の実力は? > クラリオン・ドリブトラックス

クラリオン・ドリブトラックス
→TOPへ戻る



クラリオン・ドリブトラックス







クラリオン
ドリブトラックス

Clarion DrivTrax DTR-P7DT
オープン価格(予想価格 6万円前後)

画面サイズ:4.3インチ
内蔵メモリー:2GBフラッシュメモリー
外部メモリー:SDカードスロット
バッテリー持続時間:約4時間
サイズ:約131×83×22mm(幅×高さ×厚さ)
質量:236グラム



スタンド
背が高いスタンドは前方視界を妨げる恐れが。モニターを回転させる調整ができないのも弱点。

SDカードスロット
地図情報サイト「チズルとススム」からデータを転送する場合はSDカードスロットを使用。





 クラリオンのPND、ドリブトラックスが第2世代に進化。DTR-P7DTとDTR-P50の2モデルに増殖した。このうち、DTR-P50はBluetoothを内蔵したモデル。対応する携帯電話とリンクし、タッチパネルに電話帳を表示したりダイヤルしたりできる。また、バイク用取り付けブラケットをオプションで用意しているので、バイク乗りも注目だ。

 一方、写真のDTR-P7DTはワンセグチューナー内蔵モデル。モニターは4.3インチで、ナビデータは2GBのフラッシュメモリーに収録。基本的には全モデルのDTR-P5の改良版という感じで、メインメニューは変わらず。タッチ操作がしやすいように、検索リストの1行の幅を広げるなど、細かい改良が加えられていて、ずいぶん使いやすくなった。また、クラリオンが提供する地図情報サイト「チズルとススム」とリンクするようになったのも、前モデルにはない点。この無料サイトはドライブプランを作成することもでき、その地点情報をSD/SDHCメモリーカード経由でDTR-P7DTに取り込むことができる。そのため、もともとの検索データの少なさをカバーできるというわけだ。

 エンターテインメント機能はワンセグのほか、オーディオプレーヤー、ビデオプレーヤー、ピクチャービューワーと充実。音楽や動画などのデータはUSBでパソコンと直結して転送できる。歩行者モードも搭載し、徒歩ナビとしても使用可能。





PND トップページ

ガーミン・ヌビ250

ミオ・デジウォーカー

パナソニック・ストラーダポケット

サンヨー・ゴリラ

ソニー nav-u(ナブユー)

カロッツェリア・エアーナビ

クラリオン・ドリブトラックス



戻る


カーナビの達人TOPへ




Copyright 2013 Nikkei Digital Media, Inc. All rights reserved.