webCG
カーナビの達人 2009 WINTER

webCGカーナビの達人 > 売れ筋ナビはこれだ > パナソニック > 機能確認

パナソニック “ストラーダ” CN-HW830D
→TOPへ戻る








探索力



おでかけストラーダのおでかけプランは、スタート&ゴールを含む最大計6カ所の地点を巡るコースを探索可能。



ルート探索では最大系5ルートを同時に探索できる。おまかせ、有料優先、一般優先、距離優先、別ルートの5つ。




5つのルートの距離と料金、所要時間を一覧表示できる。有料道路だけの距離がわかるのが特徴だ。












検索力



ガソリンスタンドを周辺検索。距離と方角が分かる。ルート案内中は、ルートサイドにある施設をピックアップできる。



ナビメニューはこんな感じ。おでかけストラーダを使えば、ほかの検索項目が不要になるほど便利。









案内力



春に登場したストラーダFクラス同様、案内画面は一新した。これは難交差点の立体図表示。わかりにくい交差点で登場。



通常の交差点案内では、交差点に近づくにつれ3D表示から平面表示に変化する。交差点名やレーン案内も表示するので安心。




こちらは通常の交差点案内の3D表示の状態。曲がるべき交差点までの距離感がつかみやすい。











エンタメ性



地上デジタルチューナーを内蔵。2チューナー+2アンテナ方式だが、画質の美しさはトップクラス。



HDDにリッピングした音楽を楽しむHDDミュージックやブルートゥースオーディオ、iPodなどデジタル音源への対応が充実。









情報力



おでかけストラーダで得た情報を基に作った今回のドライブプラン。ルート探索はカーナビ側で行なう。探索条件の変更も可能。



『おでかけプラン』では、検索した各地点の写真付き詳細情報も見られる。クルマに乗ってから確認するのに便利。




CN-HW830Dはブルートゥースを内蔵。ハンズフリー通話やブルートゥース対応機器内にある音楽をワイヤレス再生できる。











操作性



これは地図画右下にある現在地ボタンにタッチすると出てくる現在地メニュー。ルート確認やリルートなどができる。



新・簡単ツートップメニューは50:50の2分割のほか、オーディオ重視、あるいはナビ重視のメニューにも変更可能。









高精細VGAモニター採用機

上級機Fクラスと同等の先端機能

ユーザー本意の使いやすさ

1DAY TRIP WITH STRADA

機能確認



戻る


カーナビの達人TOPへ




Copyright 2008 Nikkei Digital Media, Inc. All rights reserved.