webCG
カーナビの達人 2009 WINTER

webCGカーナビの達人 > 売れ筋ナビはこれだ > 三菱 > 精度を上げて復活した音声認識機能

三菱 NR-HZ001-DTV
→TOPへ戻る




ビジュアルシティマップ
ビジュアルシティマップは都市の景観を3Dでわかりやすく表現。新LSIの採用で描画はスムーズだ。

渋滞予測
このモデルから渋滞予測データを考慮したルート探索が可能になった。過去3年分の渋滞データを反映。

ロゴマーク付きでわかりやすい
周辺のファミリーレストランを検索。ロゴマーク付きでわかりやすい。現在地からの距離と方角もわかる。









精度を上げて復活した音声認識機能


 インターフェースは、カーナビ用のフルリモコンとタッチパネル、ボイスコントロール用のマイクを装備。標準で、3つのインターフェースによる操作ができる。また、別売でドラコンIIを用意。ステアリングリモコンでの操作にも対応している。

 そのボイスコントロールだが、全国で1000万件の施設の音声認識に対応。これまでは7万件の施設名しか対応せず、しかも部分的に一致するようなあいまいな施設名を発話した時は認識できなかったから、大幅な進化である。今回の改良は、施設名の多さにとどまらず、音声操作のコマンドにも及んでいる。なんと正確な言いまわしである必要がないのだ。たとえば、これまでならファミレスを周辺検索する場合「近くのファミリーレストラン」と正確に発話しなければならなかったが、このモデルではキーワード抽出を採用しているので、ユーザーが発話した言葉の中から複数のキーワードを抽出して認識してくれる。たとえばファミレスの周辺検索なら「近くにファミレスあるかな」とか「周辺のファミリーレストランに行きたい」でもいいのだ。

 さらに音楽を聴いたままでも、ボイスコントロールできるというのは画期的。これまでは、音楽をボイスコントロールのマイクが拾って誤動作するため、ボイスコントロールの間は音楽をミュートする必要があったが、このモデルではマイクが拾った音の中から、ナビで再生している音楽の信号を判別して喋った声だけを音声認識するミュージックキャンセラーを搭載しているのだ。


三菱製カーナビの特徴とは?

ライバルに肩を並べたAV性能

精度を上げて復活した音声認識機能

状況に応じて操作手段を変えられる便利さ

1DAY TRIP WITH NR-HZ 001-DTV

機能確認



戻る
次へ

カーナビの達人TOPへ




Copyright 2008 Nikkei Digital Media, Inc. All rights reserved.