webCG
カーナビの達人 2009 WINTER

webCGカーナビの達人 > 売れ筋ナビはこれだ > 三菱 > 状況に応じて操作手段を変えられる便利さ

三菱 NR-HZ001-DTV
→TOPへ戻る




ブルートゥース
ブルートゥースを内蔵。対応携帯電話があれば携帯電話をカバンに入れたままでハンズフリー通話ができる。

ミュージック
ミュージックフォルダーには約3000曲をリッピングできる。曲探しもアルバム/アーティストなどからできる。









状況に応じて操作手段を変えられる
便利さ


 インターフェース面のもうひとつの大きな特徴が、マルチリレーオペレーションだ。これまでは、操作ごとの手順にしたがって操作を覚える必要があったが、新モデルはタッチパネル、ボイスコントロール、リモコン、ドライビングリモコンを組み合わせて、そのとき最も使いやすいもので操作することができる。たとえば、ボイスコントロールで「近くのコンビニ」と発話して周辺のコンビニがリストアップされたら、ステアリングリモコンの実行ボタンで決定という具合。これでスピーディかつ安全に操作が完結するというわけだ。

 動作スピードもさらに向上した。次世代LSIを搭載し、3D動画表示のクルージングビューや、3D表示の交差点拡大案内=ビジュアルシティマップなどの描画がさらにスムーズになった。もちろん、ルート探索のスピードや、スクロールのスピードなども従来以上に早い。

 三菱のカーナビは、渋滞への対応など、一部弱い面があったが、最新モデルでは渋滞を考慮したルート探索も実現している。VICSセンターで収集した過去3年分の渋滞データを統計処理しHDDに格納することで、時間帯に応じて渋滞に遭遇しにくいルートを選ぶようになった。そのため、正確な到着予想時刻の表示もできるようになった。

 NR-HZ001-DTVに付属する地上デジタルチューナーは、2チューナー×2アンテナタイプ。4アンテナではないが、4アンテナ並みに受信性能が優れているのは、昨年モデルでも実証済みだ。操作はナビ用とは別に用意された、家庭用TV同様の大型フルリモコンで行なう。

 ETCやVICSビーコンユニットの接続にも対応。またバックカメラのほか、サブカメラの増設もできるなど、拡張性は充分にある。実際、デモカーのデリカD:5は、横幅が広くて着座位置が高く、フロント左の死角が大きかったので運転がやや不安だったが、サブカメラのおかげで、ずいぶんと助かった。また、後席モニターにも対応しているので、子供がいるご家庭では後席モニターを装着しておけば子供もきっと喜ぶだろう。

 エンターテインメント機能を充実させただけではなく、実用機能にも磨きをかけた質実剛健なカーナビといえる。


三菱製カーナビの特徴とは?

ライバルに肩を並べたAV性能

精度を上げて復活した音声認識機能

状況に応じて操作手段を変えられる便利さ

1DAY TRIP WITH NR-HZ 001-DTV

機能確認



戻る
次へ

カーナビの達人TOPへ




Copyright 2008 Nikkei Digital Media, Inc. All rights reserved.