webCG
カーナビの達人 2009 WINTER

webCGカーナビの達人 > 売れ筋ナビはこれだ > 三菱 > 機能確認

三菱 NR-HZ001-DTV
→TOPへ戻る








探索力



おすすめコースで見つけた施設は5カ所。その中の施設に行くか、行かないかを選んでルート探索できるのが便利。



川越から丸の内への帰り道。推奨ルートで探索したらこの通り。関越〜外環〜首都高5号線を通るルート。




渋滞データを考慮してルート探索してみたら一般道を与野まで走って首都高S5〜5号を通るよう変更された。












検索力



検索のトップメニューがこれ。ナビメニューは赤系、オーディオメニューは青系と色分けされている。



行き先が決まっていない時は観光ルートから選ぶのが便利。県別にいくつかのおすすめルートが設定されている。




今回は埼玉県〜川越・飯能コースをセレクトしてみた。秩父、さいたま市などさまざまなコースがある。












案内力



高速道路の出口案内はとにかくインパクトあり。これなら見逃さない。ルートの色は高速も一般道も同じ黄色。



一般道の交差点拡大図はこんな感じ。交差点名やレーンガイドなど必要な情報は表示されているのだが、ややまばらな印象。









拡張性



デモカーには別売のバックアイカメラが装備されていた。大柄なミニバンで車庫入れする時にとっても重宝する。



ブルートゥース経由で電話をかけるにはインフォメーションメニューから。ボイスコントロールでも番号を入力可能。









エンタメ性



AVメニューはブルー系。ソース選択はまず下のAVボタンを押してこのAVメニューを呼び出してから行なう。



ミュージックフォルダーに保存されていた音楽を再生してみた。音声で音楽の呼び出しもできるようだ。









操作性



ボイスコントロールを試してみたが、相変わらず認識率は高い。音楽を再生中でもボイスコントロールできるのがいい。



ドラコンは取り付け位置が微妙。ここはステアリングをグリップした時に親指を置く部分だから装着場所は工夫したい。




フル操作ができるワイヤレスリモコンを付属。タッチパネルでの操作をいやがる人は多いと聞くがそんな人はこれで。











三菱製カーナビの特徴とは?

ライバルに肩を並べたAV性能

精度を上げて復活した音声認識機能

状況に応じて操作手段を変えられる便利さ

1DAY TRIP WITH NR-HZ 001-DTV

機能確認



戻る


カーナビの達人TOPへ




Copyright 2008 Nikkei Digital Media, Inc. All rights reserved.