webCG
カーナビの達人 2009 WINTER

webCGカーナビの達人 > 最新PND 5台 > カロッツェリア エアーナビ AVIC-T10

カロッツェリア エアーナビ AVIC-T10
→TOPへ戻る



カロッツェリア エアーナビ AVIC-T10



カロッツェリア
エアーナビ AVIC-T10
PNDとは呼べないほどの
多機能・高性能
文=桐畑恒治
ランチア・デルタ HF インテグラーレ担当

オープン価格(実勢価格6万円前後)


メニューのボタン
エアーナビのボタン配置はLhd車向け。現在地/スケール+地図表示切り替えダイヤル/メニューのボタンがボディ左端に集約されていて手が届きやすく、使いやすい。

交差点拡大表示
車速センサーを接続すれば自車位置のずれはかなり抑えられる。ルート案内中の音声案内が必要最小限なのも担当者好み。交差点拡大表示が行なわれるのは上位機種譲りだ。

表示モード
上記の写真は交差点名や道路名などの情報を重視した表示モード。エアーナビでは一方通行表示も行なってくれるが、このモードを使えば表示が煩雑にならず非常に見やすい。

別道路切り替え
一般道と首都高速が重なっている場合では迷いが生じることもあるが、“別道路切り替え”ボタンを押せばすぐに自車を正しい位置に戻すことができる。便利な機能だ。

Bluetooth
Bluetoothが搭載されているのもエアーナビの特徴のひとつ。BT対応の携帯電話とリンクさせればハンズフリー通話も可能。よほど騒がしいクルマでない限り、普通に使える。





車載



フルナビかポータブルナビか?
 僕が担当する長期テスト車、ランチア・デルタ・インテグラーレに、パイオニア・カロッツェリアの「エアーナビ AVIC-T10」を導入した、というのはCG2008年12月号の長期テスト・ページでも報告したとおり。カロッツェリア・ナビの性能に信頼を寄せていたことや、インターフェイスに慣れ親しんでいたことを選んだ理由に挙げた。だったら据え置き型の、いわゆる“フルナビ”を選べばいいんじゃないの?という声が聞こえてきそうだが、あえてそうしなかったのには訳がある。もちろんフルナビの機能・性能の充実度の高さは理解しているつもりだし魅力的ではあるが、やはり20万円以上する価格を無視することはできないからだ。20万円とひと口に言っても、ランチアのような趣味性の高いクルマのオーナーにしてみれば、それだけあればメインテナンスやモディファイに充てたい、と思うのが“エンスー”の本音だろう。その点エアーナビは実勢価格6万円プラスαで買えるのだから比較的手が出しやすい。ただし、たとえリーズナブルなメモリーナビであっても、愛車と同じようにこだわりは持ちたい。その点でもエアーナビはエンスーのわがままな要求を満たしてくれると思った。


迷うことはない
 実際、デルタにこのエアーナビを搭載して日常に供してみると、その思いは確信に変わった。

 特に注目したいのはナビゲーション本来の評価ポイントである、ルート案内機能の充実度と自車位置の測位精度の高さ。カロッツェリア・ナビにおいてはこの2点がクローズアップされるが、それはエアーナビでも同じだと感じられた。このモデルはもともとGPSアンテナやジャイロセンサー、加速度センサーを内蔵しているから、シガーソケットから電源を取るだけのお手軽設置でも充分満足できる測位性能を発揮してくれるが、同梱される車速センサーケーブルも接続すればその精度は格段に増す。これがエアーナビが他のPNDと一線を画すところだろう。確かに配線の手間は増えるかもしれないが、ナビゲーションシステムとしての原点を重視した仕様に性能アップできるのには共感を覚えるし、ライバルとは段違いの精度を確保できるのはやはり見逃せない。

 もうひとつのお薦めは通信機能!と断言したいところなのだが、デルタに取り付けてからまだ日が浅いため、実は通信するまでには至っていない。ただし、テスト機で試した限りでいえば、これによってエアーナビの価値がますます高まるのは間違いないということ。VICS情報はもちろん、カロッツェリア・ナビのユーザーが相互に発信する“スマートループ渋滞情報”を受信することもできるから、HDD機ばりの渋滞考慮オートリルートまで行なってくれるのだ。

 使いやすさに配慮したタッチパネル式大型モニターを備え、各種センサーや通信モジュールを搭載した結果、このエアーナビは他のPNDと比べるとサイズは大きくなり、取り付けに適したクルマが多少限定されることも事実。でも、それはメモリーナビであっても多くの人を納得させられるだけの実力を確保したことの裏返しだということが、実際の使用で確認できた。携帯性はそれほど高くないかもしれないが、それを補って余りある、場合によってはHDD式の上位機種をも脅かす実力といえる。それだけのパワーをこのサイズに凝縮したエアーナビを選ばない理由は見当たらない、それが今の正直な感想だ。





PND トップページ

カロッツェリア エアーナビ

ソニー ナブユー

クラリオン ドリブトラックス

パナソニック ストラーダ ポケット

ガーミン ヌビ



戻る
次へ

カーナビの達人TOPへ




Copyright 2008 Nikkei Digital Media, Inc. All rights reserved.