webcgpotenzaAudi A5 x POTENZA RE050プレミアムスポーツが選ぶPOTENZA RE050
01 スポーツタイヤの業界標準だ!02 コンフォート性能に驚く03 たまらない、この手応え04 大人の休日には欠かせない05 POTENZA RE050をwebCGが分析 01 03 たまらない、この手応え
photophotophoto

POTENZAの名にふさわしいスポーティさを堪能。

4本のストレートグルーブがウェット性能に貢献する。

スポーツタイヤらしい高いドライグリップで勢いづくA5。

河口湖インターで下りると、まずは富士スバルラインに入り、アップダウンの急なそこで、A5のハンドリングの感触、およびPOTENZA RE050との相性をチェック。そこからさらに御殿場方面に向かって、富士のすそ野のワインディングロードに到着。コーナーの連続を徐々に攻めていくと、今度はPOTENZA RE050のスポーツ性が前面に押し出され始めた。

最初に感じるのは、ステアリングの切り始めのレスポンスが適度に鋭いことで、コーナーに進入する際にスロットルを閉じつつステアリングを切り込むと、A5のノーズは素早く内側に入っていく。それも強大なグリップで強引に向きを変えるという感触ではなく、剛性バランスのいいPOTENZA RE050が絶妙にたわんで、クルマの向きを素早く変えるという印象を受ける。さらに、ステアリングを握る掌に路面感覚が充分に伝わってくるのも、好ましい点だ。

一方、コーナーから脱出する体勢に入ると、POTENZA RE050はまた別の側面を見せる。前輪に40%、後輪に60%というトルク配分を持つ新クワトロシステム、つまりフルタイム4WDを備えるA5は、スロットルを踏み込むと安定した適度なアンダーステアを示してコーナーを脱出していく。その時にも、強引なグリップ感ではなく、トレッドが柔軟に路面を捉えている印象を受けるのが、このタイヤらしい。

さらに、コーナリング中にスロットルを閉じて意図的にタックインを誘発した際の後輪の滑り出しが急激ではなく、コントロールし易いのも、POTENZA RE050の特徴のひとつだろうか。

webCGに関するお問い合わせは、info@webcg.netまで。
なお、一部お問い合わせには、お返事を返せない場合があります。ご了承ください。
著作権/プライバシーポリシーについては、こちらをご参照ください。
Copyright 2013 Nikkei Digital Media, Inc. All rights reserved.