webcgpotenzaAudi A5 x POTENZA RE050プレミアムスポーツが選ぶPOTENZA RE050
01 スポーツタイヤの業界標準だ!02 コンフォート性能に驚く03 たまらない、この手応え04 大人の休日には欠かせない05 POTENZA RE050をwebCGが分析 01 05 POTENZA RE050をwebCGが分析
contents

POTENZA RE050

世界のグラントゥリズモがそのパフォーマンスを認め、標準装着タイヤとして採用するPOTENZA RE050。200km/h超のハイウェイで鍛えたのは、ドライ&ウェットグリップだけでなく、快適なクルージングに欠かせない静粛性や乗り心地。ハイパフォーマンスタイヤの枠を超えた優れた総合性能が、高い評価を得ている理由だ。
→商品情報
→サイズラインナップ

運動性能

左右非対称パタンを採用するPOTENZA RE050は、ドライ性能を追求したアウト側のデザインにより高いブロック剛性を得て、グリップやハンドリングに寄与。さらに、センターのセミスリックセンターリブが、ステアリングの切り始めのレスポンス向上に貢献している。サーキットでラップタイムを縮める走りなら、圧倒的なドライグリップを誇る「POTENZA RE-11」に一歩譲るものの、スポーツカーをハイウェイやワインディングロードで気持ちよく操るには、POTENZA RE050の高いグリップと優れたハンドリング性能が、ドライバーの期待に力強く応えるはずだ。

乗り心地

強大なエンジンパワーと、それに見合うだけの制動力を手に入れるため、スポーツカーのタイヤは大径化、ロープロファイル化が進んでいる。さらに、高いグリップ性能を求めれば、乗り心地が犠牲になるのは当然のこと。しかし、POTENZA RE050とアウディA5の組み合わせでは、この常識が覆される。路面の凹凸を巧みにいなし、首都高速の継ぎ目からくるハーシュネスの遮断も良好。実に快適なのだ。

静粛性

スポーツタイヤなら、こちらも犠牲になることの多い静粛性だが、いざ走り始めると、一般道でも高速でも、思いのほか静かなことに驚いた。ロードノイズに配慮したパタン設計により、音量だけでなくその音質にも効果を現している。さすがに、高い静粛性が自慢の「REGNO GR-9000」には敵わないが、静粛性を語れる数少ないスポーツタイヤであることは確かだ。

ハイドロシミュレーション採用

ウェット性能

この取材の数日後、たまたま雨のなかを走ることになった。高速道路に水たまりができるほどの激しい雨にも見舞われたが、安心して走れたのは、POTENZA RE050の優れた左右非対称パタンのおかげ。4本のストレート溝と、排水を促すイン側のハイアングルの溝が、ハイドロプレーンに効いているのだ。コーナリング時のグリップにも不安はなく、雨の日のドライブを楽しいものに変えてくれる。

総合評価

POTENZA RE050は、ドライグリップ性能やハンドリング、路面感覚が伝わってくるステアリングフィールなど、POTENZAの名にふさわしいスポーティな性能を誇ることに加えて、乗り心地や静粛性など、ロングツーリングを楽しくする快適性を高いレベルで両立する類い希なスポーツタイヤだ。さらに、優れたウェット性能により、雨の日でも安心してドライブできるのが頼もしい。プレミアムスポーツモデルにふさわしい高いバランスが魅力のPOTENZA RE050である。

webCGに関するお問い合わせは、info@webcg.netまで。
なお、一部お問い合わせには、お返事を返せない場合があります。ご了承ください。
著作権/プライバシーポリシーについては、こちらをご参照ください。
Copyright 2013 Nikkei Digital Media, Inc. All rights reserved.