Page 3 ガッツポーズしたくなる道とクルマ

本文

ブレーキ、シフト、アクセル、ブレーキ、シフト、アクセル……。軽快なリズムを刻みながら、MiToが芦ノ湖スカイラインの湖尻峠を行く。

この黄色いMiToは、「“IMOLA”リミテッドエディション」という、日本では150台の限定モデル。パワートレインは通常モデルと共通だが、専用色コルサイエローと、ブレーキキャリパーが赤く塗られることなどでレースのイメージを強調している。

芦ノ湖スカイラインを走り終え、東名高速御殿場インターへ向かう途中、ぜひとも立ち寄りたい店がある。仙石原のミュージアムや土産物屋が並ぶ通りから一本入った場所で静かに営業する「食楽房 花菜」は、地元の人々やリゾートマンションの長期滞在者など、知る人ぞ知る隠れ家的な店。供される米や野菜は、主にオーナーシェフ 岩田吉且氏のご両親や親戚が御殿場で育てたもの。素材へのこだわりが、地元の人々からひいきにされる理由だという。中庭で咲く美しい花々を見ながらの食事が楽しい。

花菜のランチでの人気メニュー「シラスとろろ丼」(1000円)。ゴルフ帰りの小泉純一郎元総理が訪ねて、大騒ぎになったこともあるとか。