webCG
カーナビの達人 2009 SUMMER

webCGカーナビの達人 > 2009夏のニューカーナビ > カロッツェリア “サイバーナビ” AVIC-VH9900 (2)

カロッツェリア “サイバーナビ” AVIC-VH9900

TOP
TOP
2009夏のニューカーナビ
カロッツェリア
イクリプス
パナソニック
ケンウッド
クラリオン

PNDの枠を超えたPND“ストラーダ・ポケット”
09春のPND






道路開通日から使える
リアルタイム道路データバージョンアップ


 09サイバーでもうひとつ見逃せないのが、リアルタイム道路データバージョンアップ機能。新たな道路が開通する当日になると、ナビ画面上にメッセージが表示され、携帯電話や専用モジュールで通信し実行すると即座に地図に反映。その日から新しい道路を使ってナビゲーションを行なうことが可能になる。このバージョンアップは、家庭のパソコンを使っても行なうことができる。向こう3年間の最新データバージョンアップ無料サービスが付いているのも、ユーザーにとっては見逃せないポイントだ。

 サイバーナビを語るうえで忘れてはならないのが群を抜く測位性能。3Dハイブリッドセンサーをはじめとする先進デバイスに加え、1秒間に10回も測位を実行する10Hz測位やマルチフィールドマップマッチング、3Dマップマッチング等の測位ロジックを投入し、圧倒的ともいえる自車位置精度を獲得。この優れたロケーション性能をベースに、最上級モデルにふさわしいナビ性能を構築している。

 検索機能は、住所、電話などの一般的な方法に加え、50音検索の進化系といえるマルチ検索の新バージョンも採用。“AND”機能が追加され、携帯電話と同じ10キー入力も可能になった。通信を利用しての駐車場満空情報に加え、自車位置周辺のガソリンの価格がわかるガススタ情報も新たに搭載。大規模施設などの駐車場混雑予測情報、オートパーキングメモリー機能を反映した駐車場入口情報等の独自データも備えている。

 ルート探索はカーナビ最多の最大6ルート同時探索機能を搭載。より好みに合った条件での探索が可能なルートイコライザーも装備している。ナビゲーションのベースとなる地図データは全国約200万kmに及ぶ道路調査に基づき、階段などを峻別した信頼性の高いものを収録。この地図がより的確なルート探索に大きく貢献している点も見逃せない。さらに、スマートループ渋滞情報を入手すると、各道路の区間ごとのより正確な所要時間が得られるため、いちだんと的確な道選びが期待できる。VICSによる渋滞予測データもHDDに収録。スマートループ渋滞情報を取得しない場合でも、このデータを反映したルートを提示してくれる。

 ルート案内は、2Dの交差点拡大図のほか、矢印で曲がる方向を表示するアローガイド、ドライバー視点のドライバーズビュー、立体表示地図上で案内するソリッドシティガイドの4種のモードを装備するとともに、高速道路の出入口や分岐、立体交差点の側道などはわかりやすいイラストで案内。音声案内もきめ細かく行なわれる。さらにナビ機能に関しては、発売時期は未定ながら、次世代ITSサービスであるDSRCの対応ユニットも用意。新たな展開に対しても態勢を整えている。



前のページへ





全道路に対応したリアルタイムのプローブ渋滞情報

リアルタイム道路データバージョンアップ

高音質CDリッピングモードを新たに採用

カロッツェリア・サイバーナビでレトロ電車を見に行く






Copyright 2009 Nikkei Digital Media, Inc. All rights reserved.