webCG
カーナビの達人 2009 SUMMER

webCGカーナビの達人 > 2009夏のニューカーナビ > パナソニック“ストラーダ”CN-HX900D (2)

パナソニック“ストラーダ”CN-HX900D

TOP
TOP
2009夏のニューカーナビ
カロッツェリア
イクリプス
パナソニック
ケンウッド
クラリオン

PNDの枠を超えたPND“ストラーダ・ポケット”
09春のPND






Googleとの連携で
検索機能を強化


 一連の“ストラーダナビ”は、使いやすさで定評があるが、その大きな要因になっているのが、ナビとAV機能を画面の左右に明確に振り分けた簡単ツートップメニュー。レスポンス良好なタッチパネルとわかりやすいアイコンが相俟って、スムーズな使い勝手を実現。操作キーのサイズや配置が変更できるカスタム機能も備えている。

 目的地などを探す検索機能は、Googleとの連携で強化されたが、基本は従来のFクラスと同じ。文字を入力するごとに対象が絞り込まれていく名称検索、現在地以外でも即座に周辺検索ができる地点メニューなどの使いやすさは相変わらず。検索リストから地点を選ぶと、地図とメニューが同時に現われる地点ポップアップメニューが新たに採用された。

 ルート探索は、“推奨”に相当する「おまかせ」を含む5ルート表示機能を備え、各ルートが比較できる全行程一覧機能付き。探索時には、過去のVICS渋滞統計データを反映させたルート探索もできる。探索が終わったルートも、区間や道路種別に条件を変えたり、乗降ICを任意に選択できる機能なども備えており、ルートのカスタマイズ性に優れているのも特徴だ。さらに渋滞の多い交差点や細い道路など、通りたくない地点やエリアを最大10カ所まで選定できる迂回メモリー機能も備えている。

 ルート案内は、昨年のFクラスから案内方法が大きく変わったが、本機も当然、新しい案内機能を搭載。その中心である交差点拡大は、俯瞰から徐々に平面表示に移行するイラストで表示。一般道の推奨走行レーンを案内するレーンリストや、ルート上の分岐点をラリーのコマ図のように表示するルートガイドのほか、ハイウェイの分岐や入口、側道、ETC、難交差点の拡大図など、多数のイラスト表示機能を備えている。全国約120カ所の詳細な駐車場マップも収録。

 ナビゲーションのベースとなる地図は、高精細なWVGAディスプレイと高性能描画プロセッサーGRiTT-2との組み合わせ、さらにアンチエイリアス処理などによって、クリアかつ視認性に優れた画面を実現。案内ルートが見やすい「クルージング」、市街情報を際立たせる「タウン」など4種の地図配色デザインから任意に選択することもできる。測位系には3Dジャイロセンサーを搭載、独自のSALASロジックにより悪条件下においても優れた測位性能を追求している。



前のページへ





08Fクラスをベースに新機能を追加

Googleとの連携で検索機能を強化

4高音質CDリッピングモードを搭載

パナソニック・ストラーダで開国博を見て中華街で食す






Copyright 2009 Nikkei Digital Media, Inc. All rights reserved.