webCG
カーナビの達人 2009 SUMMER

webCGカーナビの達人 > PNDの枠を超えたPND "ストラーダ・ポケット"(1)

パナソニック CN-MP200D
PNDの枠を超えたPND

TOP
TOP
PNDの枠を超えたPND“ストラーダ・ポケット”
フルナビに負けない充実の機能と性能
グーグルマップの位置情報をストラーダ・ポケットに転送
ワンセグ放送も5インチ画面で見やすく鮮明




ストラーダ同様に、ひと目でわかる操作メニューを搭載。メインメニューは自分好みにカスタマイズが可能。


行き先を探すための検索メニューは豊富で、データベースもフルナビに匹敵する充実した内容となっている。


ナビ本体の脱着がしやすい、FM VICSを内蔵する車載用スタンドが付属する。


地図はフルナビとほぼ同じものを使用。FM VICSによる、交通渋滞情報を地図上に表示することができる。


ルートの途中で中継地点や高速道路の利用など、区間ごとに細かく設定することができる。


ルート案内時には今後走行すべき車線の案内も表示し、正確で安全確実なルート案内を行なってくれる。


渋滞を避けたり、料金の節約、あるいは時間短縮のため、高速の出入り口を指定したきめ細かいルート探索をさせることも可能。


わかりにくい都市高速の入り口をリアルなイラストで案内するハイウェイ入り口案内も搭載している。






フルナビに負けない
充実の機能と性能

PNDだからこそ欲しい
機能と性能をしっかり搭載


 取り付け/取り外しが簡単なPNDは、手軽さを重視して開発されたために、ナビの性能に関していうと“甘い”と言わざるをえないものが大半だった。地図が簡単であったり、渋滞情報を受けられなかったり、トンネルや高架下などでGPSを受信できなくなると自車位置表示が怪しくなったりと、安さの代償を我慢しなければならないPNDは今でも少なくない。

 ストラーダ・ポケットは、ユーザーから寄せられるこうした不満を払拭したポータブルナビだ。本格的なナビと遜色ない性能を持つ初のPNDと言ってもいいかもしれない。自車位置精度が確かで、わかりやすく見やすい地図をもち、渋滞情報も地図上に表示してくれるだけでなく、何より使いやすいのがいい。

 ナビの基本性能である自車位置表示は、GPSで得た測位情報に加え、内蔵するジャイロと加速度センサーで進行方向や移動距離を判断し、正確な測位性能を得ている。トンネルや高架下などでGPS情報を失ったとしても、ジャイロやセンサーから得た情報と、これまでパナソニックが培ってきた独自のアルゴリズムを組み合わせ、正確な自車位置を維持することができるのだ。

 地図や検索データは、基本的には上級ナビのストラーダから移植。地図の詳細図は50mスケールまで表示可能で、交差点やハイウェイ入り口、分岐点などの拡大図も表示してくれる。5ルート探索や迂回メモリーなどのストラーダで好評を得ている便利機能も搭載。VICSに関してもFM多重チューナーも標準搭載し、リアルタイムな渋滞情報の表示が可能なのもユーザーにとっては非常にありがたい。 

 操作性も、パナソニックらしくわかりやすさを追求したメニューや、ユーザーが使いやすいように変えられるメニューのカスタマイズ機能など、これまでパナソニックがナビ作りで得たきたノウハウと技術を惜しみなく注ぎ込み、ナビ初心者から経験者まで、多くの人が満足できるポータブルナビとして仕上がっている。



前のページへ














“パナソニック ストラーダ・ポケット”オフシャルサイト

*Google, Googleロゴ及びGoogleマップはGoogle Inc.の商標、または登録商標です。


Copyright 2009 Nikkei Digital Media, Inc. All rights reserved.