webCG
カーナビの達人 2009 SUMMER

webCGカーナビの達人 > 09春のPND 精鋭の5台を試す > カロッツェリア“エアーナビ”

カロッツェリア“エアーナビ”

カロッツェリア“エアーナビ”AVIC-T20

TOP
TOP
09春のPND
ガーミン
カロッツェリア
パナソニック
ソニー
サンヨー

PNDの枠を超えたPND“ストラーダ・ポケット”
2009夏のニューカーナビ





カロッツェリア
“エアーナビ”

AVIC-T20
オープン価格
実勢価格:6万円前後





使い勝手を高めた通信情報

 昨年登場した第2世代のカロッツェリア・エアーナビ、AVIC-T10の進化版が今年のAVIC-T20。モニターは高精細な5.8型ワイドVGAで、地図データ用に4GBフラッシュメモリーを搭載。ジャイロセンサー&加速度センサーの内蔵により自車位置の測位精度の向上を図り、オプションの電源ケーブルを用意すれば車速パルスに対応して、より高精度な測位もできる。また、ワンセグチューナーを内蔵しているのでテレビ番組を楽しめるし、SDカードに保存したWMA/MP3/AACの圧縮音源を再生可能なSDカードスロットを装備。また、このSDカードスロットでは、SDカードに保存したJPEGやBMPの画像も見られる。ほかにもBluetooth内蔵など、装備としては、昨年モデルのAVIC-T10とほぼ変わらないが、PNDとしては、フルスペックといってもいい内容だ。

 加えて、エアーナビには他のPNDにはない機能がある。それが通信機能。これは、エアーナビの購入後に通信契約をして初めて使えるようになるのだが、ナビポータルという専用サイトでタイムリーな情報を探したり、スマートループ渋滞情報を取得できたり、最新のガソリン価格情報や駐車場の満空情報がクルマの中にいながらわかったり、圧倒的な量の情報が手に入る。これが、エアーナビのエアーナビたる所以。通信料金は使用機会が少なければ月額315円、最大でも月額2079円の定額制となる。このように購入後も費用はかかるが、エアーナビの良さを享受するなら、ぜひとも通信契約をして通信機能を活用するべきだと思う。

 もう少し詳しく通信機能について触れておこう。カーナビサイト=「ナビポータル」のトップ画面を開くと、ナビフォルダというものがある。これは、エアーナビのサーバー内に、エアーナビのユーザーひとりひとりに与えられるフォルダで、パソコンや携帯電話でもアクセスできる。つまり、携帯電話やパソコンで探した地点のデータをこのフォルダに放り込んでおけば、簡単にカーナビでも活用できるというわけだ。また、ナビフォルダの下の周辺おすすめ情報は、GPSと連動して現在地の周辺のおすすめ情報を取得できる。サイト内の情報は常に更新されるので、ナビ本体のデータに収録されていない最新スポットの情報を取得可能。また、使い込むほどにユーザーの好みを学習し、リストの上位に表示するようになる。たとえば、蕎麦好きが蕎麦屋を頻繁に探して目的地に設定すると、「おすすめ情報」のリスト上位に周辺のおすすめ蕎麦屋がリストアップされるようになるという具合だ。また、「周辺イベント情報」は、現在地周辺で行なわれているイベント情報を提供。「番スポ!」はTV番組で紹介されたお店の情報を簡単に検索できる。このように最新スポットの情報が充実しているのがナビポータルだ。T20はウィジェットを採用することで、ナビポータルなどの情報へのアクセス性が格段に高まっている。

 スマートループ渋滞情報は、VICSでは表示されない道の渋滞も表示可能。しかも、FM VICSだけでは不可能な渋滞回避ルートの探索もできる。「ガススタ価格情報」は、自車位置周辺のガソリンスタンドの最新価格情報をリスト表示可能。安い順に並べ替えることもできるので、ガソリン料金を抑えるのに役立つ。

 このように通信機能の使い勝手を高めたのと、全体的なパフォーマンスの向上を図ったのが新しいエアーナビ。ボディは細部の仕上げを除けば従来モデルのままだが、元の機能が先進的なので、使い勝手が上がっただけでも進化の度合いは大きい。



前のページへ





使い勝手を高めた通信情報

試用インプレッション






Copyright 2009 Nikkei Digital Media, Inc. All rights reserved.