webCG
カーナビの達人 2009 SUMMER

webCGカーナビの達人 > 09春のPND 精鋭の5台を試す > ソニー“ナブユー”

ソニー“ナブユー”

TOP
TOP
09春のPND
ガーミン
カロッツェリア
パナソニック
ソニー
サンヨー

PNDの枠を超えたPND“ストラーダ・ポケット”
2009夏のニューカーナビ

























試用インプレッション


圧倒的な取り付けやすさ

 まずはお約束の取り付け。ソニーのナブユーは、初代モデルから「ピタッと吸盤」というゲル付きの吸盤を採用したクレードルを採用。多少シボが入ったダッシュボード上でもしっかりと吸着する出来のいい吸盤のおかげで、歴代モデルすべてがピカイチの取り付けやすさを誇っていた。今回のNV-U3Cももちろん「ピタッと吸盤」を採用。コンパクトになったボディに合わせてだいぶ小ぶりになったクレイドルを取り付けたい場所にセットし、吸盤の上のボタンを押してロックレバーを回転させれば、あっという間に吸着完了。ナビ本体をセットするクレイドル部とアーム部がボールジョイントになったので、画面の角度調整も手軽だ。欲をいえば、アーム部分がもう少し長ければ、メーターフードの上に吸盤を貼り付け、メーターにかぶせる形でカーナビをセットするような取り付けもできたと思うが、取り付けやすさは相変わらずダントツにいい。他のクルマへの載せ替えも、クレイドルごと簡単にできる。また、ナビ本体がコンパクトなので、一般的なダッシュボードの左右中央だけではなく、クルマによってはAピラーの付け根などにも装着できそうだ。ダッシュボード中央よりもこちらのほうが操作しやすい場合もあるので、ナビはダッシュボードの中央にあるものという固定概念にとらわれず、見やすく操作しやすく、前方視界を邪魔しない場所を探したい。


トンネル内の動きに感動

 測位能力だが、高性能PNDのようにジャイロセンサーや加速度センサーを内蔵しているわけではないので、センサー類を搭載したモデルのようにいかないのは当然だ。東京・お台場から羽田方面へと向かうトンネルで、GPSの信号を失ったときの動きを試してみたのがの写真。左下の破線部分がトンネル内の道で、トンネルに入るとまもなく左にほぼ90度向きを変えるのだが、自車マークは直進の道にマッチングしてしまっている。GPSの信号を捉えられなくなっても自車マークが直進方向へ動いているのは、GPS信号を失う前のスピードを割り出して、位置を予測しているからだ。このときはルート案内をしていないので、自車マークは方角を変えずにまっすぐ進むが、ルートを引いた状態ではルートを引いた道を優先してマップマッチングするようだ。また帰り道も試してみたが、このときはトンネル内の破線の道をトレースしていた。トンネルに進入する前に正確な道にマッチングしていれば、トンネル内がカーブしていても正確にトレースできるのはすごい。さらにGPS信号を再捕捉したときの復帰能力も素早い。長いトンネル内ではある程度自車マークは進むものの、途中で止まることがある。ところが、トンネルから出るか出ないかのうちに、自車マークは正確な位置に戻るのだ。これなら、地下駐車場から出た直後に、どちらに進めばいいか迷うということは少ないだろう。

 画面の右にメニューと現在地のボタンを配置しているのは歴代ナブユーと同じデザイン。メニューボタンを押すと、中央に行き先/最寄/自宅の3つの目的地メニューが表示されるのも、歴代ナブユーを踏襲している。3.5インチの小さな画面でも、ボタンが大きいから使いやすい。行き先ボタンにタッチすると出てくるのは、住所/電話番号/ジャンル/ガイドブック/名称/マーク/履歴/保存ルートの8つのボタン。名称の入力は携帯電話方式で、このサイズでは50音をすべて並べる方式(各ボタンが豆粒のように小さくなる)よりは使いやすい。ルート探索は推奨/一般道優先/有料道優先/一般道距離優先の4条件で探索可能だ。

 道案内は多彩な画面で誘導してくれる。交差点拡大図はこんな絵柄。右半分に拡大図が出て、拡大図の上には交差点名を表示。左の地図との間には、交差点までの距離をバー表示し、交差点までの接近具合を知らせる。また右左折専用レーンがある幹線道路を走行中は、左の地図の上部にレーンガイドも表示。案内情報は多彩だ。ただ、さすがに3.5インチの小さい画面では、レーン案内などは小さすぎて見逃しがち。本体の取り付け場所にもよるだろうが、もう少し表示を大きくしてもらえたらと思う。都市高速入り口のイラスト図は、わかりやすくて見やすいものだ。

 今回、借りたのはホワイトのカラーだが、気になったことがひとつ。天気のいい日中だと、フロントウィンドーに本体が反射して、前方が見えにくくなることがあった。もちろん、意識して装着場所を選べば、反射が気にならないポジションを見つけられるかもしれない。が、ホワイトモデルやピンクのモデルは、フロントガラスへの反射が顕著になることは覚えておきたい。車載を中心に使うなら、やはりシルバーが無難かもしれない。

 このNV-U3Cには「徒歩モード・プラス」というモードを搭載しているので、これも使ってみた。徒歩モード・プラスへの切り替えは、画面下の「ガイド」にタッチ。メニューから徒歩モードを選ぶと、自車マークが人型に変わる。このとき目的地を設定して探索したルートは、一方通行を考慮しないもの。黄色い三角が常に目的地の方向を示すので、詳細市街地図でも目的地の方向へ迷わず進める。自転車用のナビとしても、使い勝手が良さそうだ。コンパクトで手軽だけど案内は充実していて、自転車でも使えるNV-U3Cは、潜在的ユーザーにとって魅力たっぷりに映るだろう。



前のページへ





気軽に、おしゃれに、楽しむPND

試用インプレッション






Copyright 2009 Nikkei Digital Media, Inc. All rights reserved.