webCG
カーナビ&PNDの達人 2010 WINTER

webCGカーナビの達人 > 2010冬のニューカーナビ > カロッツェリア 楽ナビライト AVIC-MRZ90 (1)

カロッツェリア 楽ナビライト AVIC-MRZ90
カロッツェリア 楽ナビライト
AVIC-MRZ90

カロッツェリア

TOP
TOP
2010冬のニューカーナビ
カロッツェリア
イクリプス
パナソニック
三菱
クラリオン
PNDの枠を超えたPND“ストラーダ・ポケット”
2010冬の最新鋭PND





初心者でも操作が楽で
快適にドライブを楽しめる


 パイオニアには「楽ナビ」という、初心者が扱いやすいことをコンセプトにして登場したシリーズがある。しかしモデルチェンジを重ねるうちに、この「初心者」という部分がいつしか「誰にでも」になっていく。ライバルの登場とともに機能が増えて普通のナビになっていき、今では「楽ナビ」はスタンダードクラスの代表格になっている。このこと自体は悪くはないし、今でも「楽ナビ」はナビの売れ筋商品でもある。しかし、多機能高性能を必要としない人、もっと簡単なナビがいいと思っている人、つまり従来の楽ナビ・ユーザーが依然として存在するのも確か。そうした需要に向けて投入されたのが、「楽ナビ」よりもさらに楽を目指した「楽ナビライト」である。ただし、楽を目指したといっても、市販ナビトップメーカーのパイオニアだけあって、機能を削って安く売るという、企業が楽をする手法は採っていない。購入しやすい価格に設定はしているが、ナビの地図やデータの更新が楽で、操作が楽で、ドライブが楽になるナビを、まったく新規に作り上げたのだ。

 楽ナビライトを語るとき、新しい機能である「ナビチャージ」の話題が一番大きくなるのは当然だろうが、しかし、ナビの本質としては、操作が楽という部分にこそ注目していただきたい。操作を楽にするための最たる部分が、普段よく行く場所(最大5カ所)を簡単に探せる「ライトメニュー」の存在だ。これは目的地のよく設定する場所や、食事をする場所などを検索しやすくしたもので、初めて行く場所を探すための、通常の検索メニューとは分けて設置された。

 この、操作が楽という部分には、我慢しなくていいという意味も含まれる。廉価なナビは、データ容量の問題で市街地図が省かれたりするのだが、楽ナビライトは4GBのメモリーナビにもかかわらず、一方通行表示付きの10m〜100mスケールの詳細市街地図を搭載。都市部で道を見失いやすい人でも、道幅や建物の形までしっかりわかる10mスケールの地図なら、行くべき場所を見失うこともないだろう。  また渋滞に対しても、携帯電話を繋いでおけば、自動的にリアルタイムな渋滞情報を入手し、ルート作成時に渋滞回避ルートを作れる「スマートループ」にも対応するなど、実用的な機能も搭載。初心者でも複雑な操作を一切しないですみ、ドライブが簡単になるナビとなるのである。



前のページへ





初心者でも操作が楽で快適にドライブを楽しめる

PCとSDカードを使って楽に最新データを転送

多彩なメディアとフォーマットを操る

総合評価






Copyright 2009 Nikkei Digital Media, Inc. All rights reserved.