webCG
カーナビ&PNDの達人 2010 SUMMER

webCGカーナビの達人 > これが2010夏の最新カーナビだ > パナソニック CN-HX910D (2)

パナソニック CN-HX910D

特集トップ
next
2010夏の最新カーナビ
カロッツェリア
イクリプス
パナソニック
三菱
クラリオン
ケンウッド
ガーミン
ストラーダポケットはもはやPNDを超えた





操作性は?

実装車ユーザーに朗報
ステアリングリモコンに対応

 ストラーダ・ミドルクラスは、2010年モデルでも「かんたんツートップメニュー」を踏襲。すでに5年以上変わらないユーザーインターフェイスだが、使いやすさには定評があるし、ナビを操作するにもAV機能を使うにも、ひとまずメニューボタンを押してから始まるシンプルな操作は、実際に初めて使っても簡単に使いこなせる。また、以前のストラーダ・ユーザーが新機種に買い換えたとしても、まったく違和感なく使いこなせるはずだ。

 このツートップメニューも、ユーザーの好みに応じてカスタマイズが可能。基本はナビが4つ、AVが4つの4×4レイアウトだが、ナビ機能を重視するならナビ6、AV2の6×2レイアウトにしたり、その逆のナビ2×AV6に変えたり、ボタンをより大きく表示する3×3レイアウトにもできる。4×4レイアウトでもボタンが大きくわかりやすいので、操作はしやすい。

 クルマ純正のステアリングリモコンに対応しているのも使いやすさを高めているポイントだ。もちろん、すべてのクルマに対応しているわけではなく、デモカーのアルファ・ロメオ159のステアリングリモコンでは操作できなかったが、対応車種なら、音量調整や地デジの選局といった基本操作ができるようになる。ステアリングリモコンなど、純正システムで使える機能が使えなくなるというのが、市販ナビへの交換を拒む大きな理由のひとつとなっていると聞くが、ストラーダ・ミドルクラスは、少なくてもステアリングリモコンに関しては、拒む理由のひとつを解決している。

 また音声認識も採用。画面上で、操作できるコマンドを教えてくれるので、操作はしやすいし、認識率も高かったことを報告しておく。





検索・探索機能は?

やわらか頭脳でヒット率向上
あいまいワードでも柔軟対応の名称検索

 目的地の検索方法は、住所/電話番号/ジャンル/名称/周辺などの基本的なもののほか、郵便番号/緯度経度/おでかけストラーダなど、11にも及ぶ。収録件数は、電話番号が個人宅を含む全国約3950万件、住所が全国約3600万件だ。

 名称検索は文字を入力するにつれて、次に入力できる文字を絞り込んでいく方式。入力できない文字はグレーに変わるので、誤タッチしないし、検索できる可能性があるかどうかも入力途中でわかる。文字列の途中が合致しても候補をリストアップするあいまい検索対応で、ヒット率はわりと高い。たとえば「いけあ」と入力すると「ボディケア」までリストアップするという具合。大量の候補をリストアップするが、エリアやジャンルで絞り込むことができるので、目指す目的地は見つかりやすい。詳しくは後述するが、Googleマップやおでかけストラーダと連携しているのもポイント。できたばかりの店等も目的地に設定できる。

 ルート探索は最大5ルートを同時探索可能。その条件は、おまかせ/有料優先/一般優先/距離優先/別ルートの5つ。渋滞データバンクを活用したルート探索も可能だ。また、いつも混んでいるので通りたくない踏切など、迂回したい地点やエリアを登録しておけば、そこを通らないルートを探索する迂回メモリーや通過点設定といった機能もある。



前のページへ





CN-HX910Dはこんなナビ

操作性は? 検索・探索機能は?

案内機能は? 測位精度は?

エコ対応度は?





Copyright 2010 Nikkei Digital Media, Inc. All rights reserved.