webCG
カーナビの達人 2011 WINTER

webCGカーナビの達人 > 最新AVナビを先取りリポート > アルパイン ビッグX VIE-X088 (1)

アルパイン ビッグX VIE-X088
カロッツェリア AVIC-ZH9990
AVIC-ZH9990



特集トップ
next
最新AVナビを先取りリポート
アルパイン
カロッツェリア
イクリプス
パナソニック
クラリオン
ケンウッド
フルナビ顔負けの多機能PNDがこれだ
ストラーダポケットはもはやPNDを超えた





アルパイン VIE-X088はこんなナビ

車種別に用意した専用パネルで
仕上がりもバッチリ


 2DINサイズのAVナビといえば、7型ワイドディスプレイが一般的だが、アルパインVIE-X088は「ビッグX」のサブネームが示す通り、7型ワイドよりも大きな8型ワイドディスプレイを採用したモデルだ。画面は、7型ワイドの1.43倍! そのため、2DINサイズの枠からははみ出してしまうのだが、車種別の専用パネルを用意することで装着に対応した。そのパネルと対応車種は、後ほど詳しく説明するが、専用パネルが用意されている車種ならば、わりとリーズナブルなコストで、8型ワイドの大画面を導入できる。ディスプレイは高解像度のWVGA。高輝度のホワイトLEDバックライトを採用し、明るく鮮明な映像が楽しめる。また高濃度カラーフィルターの採用で、発色も鮮やか。リアリティあふれる映像を大画面で楽しむことができる。

 ナビ部は60GBのハードディスクを搭載したHDDナビ。地図の差分更新が可能なフォーマットを採用しているので、新しく開通した道などを定期的に地図に反映できる。道路データは2カ月に1回のペースで高速道路を更新。たとえば、2010年11月には圏央道の川島IC〜桶川北本IC間など、8カ所程度が更新されている。また1年に1回は全国の道路データを更新できる。キャンペーンにより、2011年度版の地図データは無料で入手できる。

 内蔵地デジチューナーはフルセグタイプ。4チューナー×4アンテナの高性能タイプで、プログレッシブ再生により、にじみやちらつきの少ない映像が楽しめる。音声は、5.1ch放送にも対応。スポーツ番組など、5.1ch放送の番組を臨場感豊かに楽しめる。ひとつの画面に様々な情報を表示できるドライブインフォ機能もユニークだ。



前のページへ





アルパイン VIE-X088はこんなナビ

こんな人におすすめ/ラインナップ






Copyright 2010 Nikkei Digital Media, Inc. All rights reserved.