webCG
カーナビの達人 2011 WINTER

webCGカーナビの達人 > 最新AVナビを先取りリポート > クラリオン スムーナビ NX710 (2)

クラリオン スムーナビ NX710




特集トップ
next
最新AVナビを先取りリポート
アルパイン
カロッツェリア
イクリプス
パナソニック
クラリオン
ケンウッド
フルナビ顔負けの多機能PNDがこれだ
ストラーダポケットはもはやPNDを超えた





こんな人におすすめ

豊富な通信検索機能は
情報を使いこなす人にはたまらない魅力


 メモリーAVナビのナビ機能といえば、一般的には基本機能重視。お遊び機能を持つものは少ない。そんな中でクラリオンのNX710はレジャードライブに役立つ、楽しい機能がふんだんに盛り込まれている。たとえば、ピクチャービュー。地図表示をピクチャービューに切り替えておけば、地図の下に、走行中の場所の近くにあるグルメスポットやレジャースポットの写真を次々に表示してくれるのだ。その中に気になる写真を見つけたら、写真の部分にタッチしてみればいい。すると、その場所の詳細情報を確認し、目的地に設定したり電話をかけたりもできる。ルート走行中は、ルート沿いにある施設だけをピックアップして表示することもできる。

 情報は昭文社発行の旅行ガイドブック「マップルガイド」に掲載されたスポットが元。全国約8万件の情報を収録している。これを表示しておけば、次の目的地までの道すがら、なにかおいしいモノを食べたい! とか、観光しながら、次の目的地へ向かおうという時に便利。カーナビに目的地を設定すると、目的地までの道のりは単なる移動になりがちだが、移動をレジャーに変えられる可能性があるのだ。

 Google検索は、新鮮な情報と口コミのレビューが得られる点がいい。試しに羽田空港国際線ターミナルを検索してみたところ、地図上には、まだ国際線ターミナルの場所が記載されていなかったが、場所はしっかりと検索できる。このように、新しいスポットも目的地に設定できるのだ。Googleだけではなく、クラリオンが運営する地図情報サイト「チズルとススム」と連携した検索も可能で、他のメモリーナビに比べ、情報量は圧倒的に多いといっていいと思う。

 ほかにも、ゴルファーの古賀美保による熊本弁の案内や、俳優の下条アトムのナレーション風案内、野球部マネージャーの女子高生のキャラクター案内などに、音声案内の声を変更できるダウンロードボイスといったお遊び機能もあり。単に実用的なだけのカーナビは物足りないという人には、おすすめしたいモデルだ。



前のページへ





クラリオン NX710はこんなナビ

こんな人におすすめ






Copyright 2010 Nikkei Digital Media, Inc. All rights reserved.