webCG
カーナビ&PNDの達人 2011 WINTER

webCGカーナビの達人 > Sクラスの「3つのS」シンプル、スマート、スペシャルで秋の鎌倉快適ドライブ(2)

パナソニック ストラーダSクラス CN-MW250D



運転の診断を行ない、5日間の評価をグラフで表示する、エコ運転アドバイス機能を装備。


純正ステアリングスイッチとの連動を図るための、割り当て設定メニュー。


純正ステアリングのオーディオ操作スイッチを使ってナビ操作ができるとは便利。



わかりにくい立体交差点も状況判断しやすいイラストを使い、約300m手前から距離や進行方向を案内する。





スマートに運転をサポート
愛車のステアリングスイッチに
標準対応


 さて実際に鎌倉を目的地として検索してみたら、さすがに最新のデータを搭載しているだけあって、行ってみたいポイントをすべて探し出せた。今回は目的地を有名な観光スポットではなく、御霊神社や川端康成記念館などの隠れた観光スポットも探ってみたが、どのポイントにおいても素早い検索とルート探索を行なえた。施設名を50音で検索すると一文字入力するごとに数が絞り込まれる様子がわかり、リストを表示した後も数が多ければさらにエリア等で絞り込める機能があるのは非常に便利。

 さて、目的地をセットし出発する。ストラーダSクラスは、その機能がHDDナビと遜色ないと述べたが、実際に使ってみるとそのことをより強く実感する。ルート探索はきめ細かく、探索時に5ルートの中から選択できるし、ルートの修正や探索の条件変更も簡単だ。鎌倉のような、メインの幹線道路が混む場所では、渋滞情報による渋滞回避ルート探索や通過道路の設定、迂回指定などができないと渋滞から抜け出せない。その点ストラーダSクラスは、これらの機能がしっかりと装備されていて、シンプルな操作で対応することができるのだ。

 これらの操作はタッチパネルで行なうが、オーディオに関しては純正ステアリングスイッチ装着車の場合、ボリュームや音楽ソース切り替え、曲の選択を純正のステアリングスイッチで操作できる(対応車種はhttp://panasonic.jp.car/にて要確認)。操作も案内もスマートなのが、ストラーダSクラスなのだ。



前のページへ


特集トップ



シンプルだから使いやすい

スマートに運転をサポート

クラスを超えたスペシャルな機能





TOP
TOP
ストラーダポケットはもはやPNDを超えた
シンプルだから使いやすい
スマートに運転をサポート
クラスを超えたスペシャルな機能


“パナソニック ストラーダSクラス”キャンペーン“パナソニック ストラーダSクラス”オフィシャルサイト


Copyright 2010 Nikkei Digital Media, Inc. All rights reserved.