でしゃばらない先進技術 〜モビリタでのテストから

高速域で圧倒的なスタビリティーをもたらすこのハイテク装備の恩恵は、富士の本コースのような場所でなくとも得られるものだ。例えば、交差点をスッと曲がるような穏やかな速度域でも、ノーズの切り込みはLDHのないものに比べてあきらかに鋭くなる。誰でも、走りはじめた瞬間から、その効果に頬が緩むはずである。富士スピードウェイのモビリタでは、極限状態が作り出せる特殊なコースも設けられていたが、そこですら、四輪の統合制御を行っている様は意識されない。“次世代レクサスの走り”を支える先進技術は、あくまで自然にふるまい、決してでしゃばることはない。ドライバーの心には、スポーティーな後味をもたらすのみである。

そのいっぽうで次期GSには、サスペンションやエンジン特性をドライバーの好みに合わせて積極的に変えられるドライブモードセレクトも用意されている。その走りに対するこだわりは、モデルチェンジとともに深められている。冒頭に記したとおり、このGSがレクサスの新境地を切り開くのは確かだろう。だが、いまはこうも思う。次期GSは、日本のプレミアムセダンを変えるかもしれない、と。(文=木下隆之/写真=高橋信宏)