走りのメカまでアグレッシブ - 2011年8月に公開された、次期「レクサスGS」。9月のハイブリッドモデル「GS450h」に続き、スポーティーバージョン「F SPORT」が、その姿を現した。

米国ラスベガスで開催された「2011 SEMAショー」において、次期「レクサスGS350」の「F SPORT」が発表された。「IS」「CT」に続いて、走りに対するこだわりを込めたバージョンが、次期GSにも同様に設定される。ノーマルGS同様、「3.5リッターV6+6段AT」の動力系をもち、FRと4WD、2種類の駆動方式がラインナップされる。

もっと写真を見る

SEMAショーとは、全米のアフターパーツメーカー(Specialty Equipment Market Association)が中心となって開く展示会。北米版「東京オートサロン」といったイベントで、メインとなる出展社の関係から、派手な装いのハイパフォーマンスカーやチューンドカーが並べられる。クルマ好きが集まる人気イベントとなれば、もちろん自動車メーカーは放っておかない。各社肝いりのニューバージョンをお披露目する場ともなっている。

もっと写真を見る

2011年11月1日午後1時(米国時間)。ラスベガス・コンベンションセンターに設置されたレクサスのテントは熱気に包まれていた。多くのプレス関係者も訪れ、「レクサスGS350 F SPORT」への関心の高さを感じさせる。1時30分。プレスカンファレンスが始まり、「レクサスGS350 F SPORT」のカバーが外された。まず目に飛び込んでくるのは、アグレッシブなフロントバンパー。次期GSは、新世代レクサスのけん引役を務めるモデルで、斬新な顔つき、「スピンドルグリル」が話題を呼んだ。そのグリルと視覚的に一体となった「F SPORT」のバンパーは、大きくかつ下方まで延び、まさにエアダムといった形状。“F”の走りをアピールする。グリルはレーシーなメッシュタイプだ。トランクエンドのスポイラー、そしてボディー後端の下部、マフラーと一体化したリアディフューザーも見逃せない。

もっと写真を見る

足元には、薄いゴムを巻いた19インチホイール。「F SPORT」専用チューンのサスペンション(AVS:Adaptive Variable Suspension)が設定され、アンチロールバーも強化される。フロントブレーキは大型化され、ストッピングパワーがアップ。ノーマルGS同様、FRモデルのステアリング機構には「VGRS(ギア比可変ステアリング)」が採用された。

もっと写真を見る

フロントに収まるパワープラントは、3.5リッターV6フォーカムユニット。吸気、排気側とも可変バルブタイミング機構を備え、最高出力306hpを発生する(北米仕様車)。フル加速時、0-60mile/h(約96km/h)を5.7秒でこなすパフォーマンスを誇るいっぽう、よりよい燃費を得るため、走行状態によって燃料噴射を「ポート噴射」「筒内直噴」と切り替えるユニークな機構をもつ。組み合わされるトランスミッションは、パドルシフト付きの6段AT。「IS F」からのフィードバックを受けた素早いシフトがジマンで、ギアを落とす際のブリッピング機能も採り入れられた。走行モードは「ノーマル」に加え、「ECO」「SPORT S」「SPORT S+」が用意される。

もっと写真を見る

サスペンション形式は、通常のGSと変わらない。現行モデルと比較すると、フロントのアーム類がアルミ化され、リアはサブフレームから設計が見直された。足まわりの基本性能を底上げしたうえで、電子制御にも磨きがかけられた。前述の「VGRS」や「DRS(後輪操舵)」を統合制御する「LDH(レクサス・ダイナミック・ハンドリングシステム)」を採用。後輪は、「車速」「ヨーレート」「舵角」「ハンドルを切る速度」そして「直近のG」などに応じて、逆位相(前輪と逆方向)または同位相に最大2度までステアする。

もっと写真を見る

「機敏さと安定性」「切れのよさと安心感」「スポーティーさと乗り心地のよさ」、そうした相反する要求に、レクサスは最新の電子技術で応えようというわけだ。「F SPORT」の日本国内での販売開始は、来年早々という。レクサスファンの期待は高まるばかりだ。

もっと写真を見る

  • レクサス次期「GS」を見る - in Pebble Beach
  • 次世代の走りを知る - 試乗インプレッション
  • 開発のポイントを語る - 開発者インタビュー