webCG
カーナビの達人 2011 SUMMER

webCGカーナビの達人 > この夏デビュー注目のカーナビ6台 > カロッツェリア AVIC-ZH09CS (2)

カロッツェリア AVIC-ZH09CS







特集トップ
next
この夏デビュー注目のカーナビ6台
カロッツェリア
パナソニック
アルパイン
イクリプス
クラリオン
ケンウッド

自転車から旅歩きまで多彩な顔ぶれのPND
スマートフォンがナビにおすすめのナビアプリ
ドライブも街歩きも満足できるPND誕生





ARスカウターモード

優れた測位性能があって初めて成せる業

 ドライバーがフロントガラス越しに見る実風景を、ナビ画面にそのまま映し出し、その上に各種情報を重ねて表示するのがARスカウターモード。これまで3D描写でバーチャルに表現してきた「ドライバーズビュー」を実際の映像に置き換えたものと考えればよい。ただし、そこで示されるのはルートの案内に関わるものだけではない。前方のクルマとの距離や赤信号、車線まで検知し、自車の安全走行に役立てようという狙いもある。

 道案内に関してはルート探索時の誘導線が道路上ではなく空の部分に緑色で引かれるのが目新しい。交差点等で登場する3Dランドマークなども実風景の上に距離に応じて拡大しながら表現される。

 このモードで驚く点は前方を走る車両との位置関係を測っている点だ。前方の車両が一定の範囲内に入ると、まるでゲームのように“ロックオン”、自車からの距離を測って車間距離が適正かどうかを案内する。適正な車間距離を保つことは自身の安全走行のみならず、渋滞の発生を阻止できるという理論に基づいたものである。前方車両は走行時だけでなく、信号待ち等で停車している状態でも捉え続け、車両が発進し車間距離が開くと画面とブザーで知らせてくれる。

 対象は車両だけではない。信号が赤から青に変わると画面中央に「前方確認」と表示。車線をまたぐような走り方をすると危険な運転と判断し、車線の表示カラーを変えてドライバーに注意を促す。

 撮った映像はSDメモリーカードに残すことも可能。自宅に持ち帰って専用のPC用ソフトで読めばこれまでにないドライブ画像を楽しむこともできる。

 ARスカウターモードはフロントウィンドー上部に取り付けた専用カメラで前方を撮影、その映像を別ユニットで映像解析することによって上記の各機能が可能となる。この「クルーズスカウターユニット」は5万2500円で別売されるが、VH09CS、ZH09CSには付属する。







ロードクリエイター

道路更新を待たず、自らナビに道を描く

最近のナビは年に一度の地図更新を待たなくても、部分的書き換えであればかなり短いインターバルで更新できるようになったが、新サイバーナビでは必要とあらばその場で自ら地図を書き換えることができる。正確には書き換えというより書き加えで、地図にない新規道路を走行すると即座にナビ上に道路データを書き加えられるのだ。地図上では未開通道路であっても実際に走れる状態であれば、自らの走行実績がそのまま道路地図として保存できるわけだ。次回からはその道を使ってルート探索をすることも可能となる。その道はサーバーに自動アップ、ユーザーの誰でも利用できる道かどうかの検証作業を経て、問題なければ次回の地図更新に生かされる。



前のページへ





サイバーらしいサイバー

ARスカウターモード/ロードクリエイター

達人のこだわりテスト/総合評価






Copyright 2011 Nikkei Digital Media, Inc. All rights reserved.