webCG
カーナビの達人 2011 SUMMER

webCGカーナビの達人 > この夏デビュー注目のカーナビ6台 > パナソニック CN-H500WD (1)

パナソニック CN-H500WD



パナソニック CN-H500WD
パナソニック CN-H500WD



特集トップ
next
この夏デビュー注目のカーナビ6台
カロッツェリア
パナソニック
アルパイン
イクリプス
クラリオン
ケンウッド

自転車から旅歩きまで多彩な顔ぶれのPND
スマートフォンがナビにおすすめのナビアプリ
ドライブも街歩きも満足できるPND誕生



トヨタ車やダイハツ車の横幅200mmパネルにぴったり

2011年、パナソニックのカーナビは、PNDも含めて大きく変わった。ひとつは、PNDが「パナソニック・ゴリラ」シリーズになったこと。ゴリラといえばサンヨーのポータブルナビの代名詞だが、パナソニックがサンヨーを子会社化した流れで、PNDをゴリラに一本化し、効率化を図ったわけだ。これで従来のストラーダ・ポケットはなくなり、パナソニックのPNDはゴリラと旅ナビの2 本立てとなる。

そして、もうひとつが新しい2DIN 一体AVナビ、Hシリーズの登場だ。このHシリーズ、位置づけとしてはフラッグシップのFクラスと、リーズナブルなメモリーAVナビ、Sクラスの間を埋めるモデル。この価格帯には現在、ストラーダ・ミドルクラスがあり、いずれはHシリーズがミドルクラスにとって代わることになりそうだが、しばらくは値頃感のあるミドルクラスと、最新鋭のHシリーズを併売することになりそうだ。

そのHシリーズの特徴は、デザイン性とユーザーインターフェースの2点だ。Hシリーズには、パナソニックとしては初めて、横幅200mmのCN-H500WDをラインナップ。このサイズは一般的な2DINサイズより幅が20mm 広く、トヨタ車やダイハツ車のインパネにぴったりとフィットする。専用取り付けハーネスも同梱している。なお、通常の2DIN(幅180mm)サイズのCN-H500Dもラインナップされている。

内蔵HDDは60GBの容量で、ディスプレイはLEDバックライト採用の7型ワイドVGAタイプ。内蔵地デジチューナーはフルセグ対応の4チューナー×4アンテナタイプだ。なお、ユーザーインターフェースについては、次ページでじっくりと紹介する。



前のページへ





トヨタ車やダイハツ車の横幅200mmパネルにぴったり

新・モーションツートップメニュー/アプローチセンサー& ダイレクトランチャー

達人のこだわりテスト/総合評価






Copyright 2011 Nikkei Digital Media, Inc. All rights reserved.