webCG
カーナビの達人 2012 WINTER
webCGカーナビの達人 > 2012年冬のカーナビ8台 > ガーミン nüvi 2582V(2)
TOP
TOP
美的、素敵、先進的 パナソニック ストラーダ H シリーズ
2012年冬のカーナビ8台
カロッツェリア
パナソニック
アルパイン ビッグX
三菱
イクリプス
ケンウッド
ドコモ+パイオニア
ガーミン
通信ナビから自転車ナビまで全7台を紹介


ガーミン nüvi 2582V






特徴/総合評価



電源を立ち上げると登場するメインメニュー。日本のナビでは最初に地図が立ち上がるのが普通だが、ガーミンはこのメニューで地図を見るか目的地検索するかを選べる。


目的地検索のメニュー。日本住所という表記が、いかにも海外製品らしい。50音検索やジャンル検索、電話番号検索もでき、日本のナビとなんら変わらない。


特徴
 さて、ガーミンの最新モデル、ヌビ2582Vである。この秋登場した25xx系の新製品群は、VICS対応など、さまざまな新機軸を打ち出してきた。シリーズ4モデルのうち、新機軸の全機能を装備しているのが25xx系で最上位のヌビ2582Vなのだ。8GBメモリー搭載のモデルで、ディスプレイは5インチワイド。ワンセグチューナーやBluetoothを内蔵しているし、エコルート探索も可能。また、JAXAが打ち上げた準天頂衛星「みちびき」の電波を活用して、測位精度を上げている。この「みちびき」を活用したカーナビはAVナビも含めて初めての登場である。海外生まれでありながら、日本人よりも日本らしい所作を身につけたという感じだ。

 日本のPNDの場合、電源を入れるとすぐに地図が立ち上がるが、ガーミンはまず、地図か目的地検索かのメニューが現れる。このあたりは、日本のナビと異なる考え方だが、考えてみると的を射た設定だ。目的地は50音、住所、電話番号、ジャンル別など、さまざまな方法で探せるし、ルート探索は、事前に設定しておくことで時間優先、距離優先、直行の3つのルートが選べる。スマートICを通るルートの探索も可能だ。



FM-VICSユニットは電源ケーブルの間に組み込まれている。これにアンテナを差し込めばVICS情報の受信準備完了。渋滞情報を取得できる。


総合評価
 測位はGPSだけで行なうので、長いトンネルなどでは自車マークが止まってしまうが、GPS電波を再捕捉したときの自車位置への復帰は早いため、最初からそれを頭に入れておけば実使用には問題なし。海外ドライブの機会がある人なら、ものすごく魅力的だし、日本だけで使う場合でも、日本のナビのようなきめ細かい画面表示はないものの、充分に案内をこなしてくれる。案内はシンプルなほうがよいと感じている人にはぴったりのPNDだ。



前のページへ


カーナビの達人トップへ


背景 特徴/総合評価