JAGUAR
01.Philosophy of JAGUAR
美しく速いクルマを創造する スポーツカーにも、サルーンにも、そしてレーシングカーにも、 ジャガーが作るクルマには共通する哲学が貫かれている。 「美しく、速いクルマを創造すること」 創設者のサー・ウィリアム・ライオンズが唱えたこの言葉は、 最新の「XJ」にも変わることなく受け継がれている。
PHOTO

CRAFTMANSHIP 体温が感じられるクラフトマンシップ

シートに身をゆだねた瞬間から体が感じとるジャガー特有の心地よさ。それは細かく計算された美しいディテールや、吟味しつくされた上質なマテリアルによって生み出されたものである。と同時に、それはジャガーを愛し、オーナーの気持ちを思いやるクラフトマンたちからの贈り物であり、芸術と表現できるものである。  新型「XJ」のインテリアでは、卓越したクラフトマンシップを随所に見ることができる。上質なレザーが使用されたシートには、職人が手縫いするテーラーメイドスーツと同じ縫製技術が用いられ、ツインニードルステッチがエレガントな空気を演出する。また、ウッドパネルは、味わい深い風合いを引き出すために、実に17回にも及ぶ磨き工程を経て完成する。1本の木からスライスした素材を丁寧に加工しているから、左右の木目がぴたりと対象になっている。

オーナーがジャガーの室内にやすらぎや心地よい時間を感じることができるのは、人の気持ちを豊かにする術(すべ)を熟知し、それを大切にした多くのクラフトマンが携わっているからにほかならない。肌で感じられる温もりまで表現していることこそ、ジャガーが誇るクラフトマンシップの特徴。そこにはいつも体温がある。

TECHNOLOGY 人間の感覚と同調するテクノロジー

これまでジャガーの技術者たちが目指してきたものは、動力性能の向上ばかりではない。人間の感覚とクルマを同調させ、ドライバーがイメージした走りを実現するという崇高な目標が存在していた。現代のジャガーを支える先進技術の数々は、そうした研究心と情熱によって熟成されてきたと言っていい。

PHOTO