東京から福岡へ、 宮本武蔵の故郷に寄り道して計測 「DRIVe」の 実用燃費は? 笹目二朗×ボルボS60 DRIVe 1.6リッターという少ない排気量でありながら、ターボとガソリン直噴テクノロジーで走りと低燃費を両立した「S60 DRIVe」。その実用燃費を、笹目二朗がテストする。

webCG

東名高速を行く。天気は良好。 今回は富士川SA—浜名湖SA間を全車共通の燃費計測区間と定めた。

前夜の雪のせいで予期せぬ渋滞に遭遇。 東名は音羽蒲郡から通行止めだったため、浜名湖の先で一般道におりた。

夕食までに何とか神戸に到着。燃費は一度は2桁を割りそうになったが、 神戸では13.3km/リッターまで回復していた。

節約走行をモットーに

新しい「ボルボS60」で東京から福岡まで燃費競走しませんか? こんなおいしい話、めったにない。モチロン参加させていただきます。走行経路などの制約は緩く、自由に走っていいらしい。燃費だけなら距離や時間は気にしなくていい。ならば途中いろいろ道草も可能と判断。東京は羽田空港発で1日目は神戸泊、2日目の夜8時半までに福岡空港に着けばいい。もとより競いごとは苦手の筆者ゆえ、結果はともかく、走りはまじめにをモットーに 節約走行にいそしむつもりだ。  ところが前夜の雪により予期せぬ事態が続出し、所々渋滞にも遭遇する。 東名の音羽蒲郡から通行止めとなり、浜名湖の先で一般道におりる。途中一度、富士川SAでドラコンをリセット、浜名湖SAまでは15.3km/リッターを得る。こんな時こそルートの選択が肝心だ。なるべく早く高速道路に復帰するのが得策ながら、同じ考えのクルマも多いだろうから、その付近一帯が渋滞するだろう。ならばもう少し広い範囲で迂回(うかい)したほうが良さ そうと判断した。  山越えで豊橋に出て、R23経由で伊勢湾岸道へ。これが裏目にでる。R23は尺取り虫停滞。今夜中に着くだろうかと暗澹(あんたん)たる気持ちになる。 新名神から京滋(けいじ)バイパスを使って神戸へ。一度は2桁を割りそうになったドラコンの数値は、信楽あたりで12.9km/リッターに。夕飯の時刻までには何とか神戸メリケンパークのホテルオークラに到着。そんな飛ばし方 をしたにもかかわらず、13.3km/リッターまで回復していた。

  • Back
  • Next