うまいコーヒーとパンを求めて
「ボルボS60」で1000km超のロングドライブへ!
島下泰久×ボルボS60 DRIVe
クルマとじっくり対話する1000km超のロングドライブ。
無類のコーヒー好きである島下泰久は、ご当地の名コーヒーの香りを楽しみながら、「S60 DRIVe」の魅力をじっくり考えた。

webCG

途中で立ち寄った中国道のPA。寒いし、誰もいないし。寂しいので写真を1枚撮っただけで退散。すいません、PAの名称も覚えておらず……。

満タンスタートではなかったので、途中のSAで給油。「ボルボも随分変わりましたね。」と声をかけられた。でも、すぐボルボだってわかるのだ。

吉備SAにて、岡山名産の桃を使った桃のパンとコーヒーでひと休み中。向こうに頑張って「S60」を入れてみた。

疲労の少なさに感心

再び九州自動車道へ。無事に関門海峡を抜け、中国自動車道に入る。このまま行けば今日の宿泊地、神戸は遠くない。しかし下関JCTで私は悩んだ揚げ句、進路を左へ取った。前の晩にネットで見つけたお目当ての店が、この先にあるのだ。  高速道路といっても平坦な直線が続くことはほとんどなく、ずっと山間のワインディングロードを走り続ける中国道は楽しい。「S60」も気持ち良く走ってくれる。切り始めから遅れ感なく正確なステアリングのおかげでストレスなくハイペースを保てるし、それでいて、いやそれだからこそ疲れもとても少ないからである。   しかし途中から雲行きが怪しくなってきた。路面が濡れ出し、左右には1メートルほどの雪壁が現れるように。不穏に思っていると、ついに対向車線に除雪車が現れた……。万事休す。あきめて広島自動車道を経由して山陽道へ向かうことにした。でも「S60」のハンドリングの良さ、悪条件下での安心感を理解できたから、まあ良しとしよう。   問題はコーヒーだ。山陽道ルートで候補に挙げていた何店かは、中国道を経由してしまっただけに、到着時間を考えると二の足を踏む。さて……。  そんな風に思ってたら見つけた! 何と山陽道の吉備SA上りにはベーカリーがあったのである。迷わずそこ“モスカート・ビアンコ”で小休止。桃のパンとコーヒーでエネルギーを回復させて、神戸へと自分にムチを入れた。   まずは1日目。ゴールして感じたのは疲労の少なさだ。最初の数時間で、ちょっと疲れたかなとは感じる。でも、そのあと落ちないのだ。これは皆、共通の認識のはずである。

  • Back
  • Back