車両実験統括部の伊藤俊則主任に聞く新型「レクサスGS」が目指した走り

——「レクサスといえば……」というアイデンティティーのようなものは、プレミアムブランドにとって非常に大事な要素だと思います。LDHなどの手段を用いてGSが目指したレクサスならではの特徴とは何ですか。

伊藤主任 新しいコンセプトのデザインもそうですが、それより何より、社内で「走りの楽しさ」「キレのよさ」という言葉で共有してきた「走り」ですね。ボディー剛性、特にリアの剛性を高めた専用のプラットフォームによって、リアのしっかり感を十分確保した上で、ステアリングを切ったときにノーズがスーと入るような「キレのよさ」「気持ちよさ」を目指しました。

——開発に何か新しい試みはありましたか。

伊藤主任 テストドライブを、われわれが通常使用しているテストコースだけではなく、有料道路を何度も貸し切りにして走り込みましたし、サーキットも定期的に走りました。実はLFAのようなクルマを除いた量販車では初めてのことです。レクサスの新しい走りを、さまざまなコース・新しいコースでしっかり鍛え上げました。それと同時に、ブレーキも走りに見合うものに仕上げるべく、十分な制動力はもちろん、踏力にこだわりました。ブレーキングも含めた
「走りの楽しさ」を感じていただければと思います。

CONTENTS

  • トップページ
  • 試乗インプレッション
    • 01.グランドツーリング
    • 02.ワインディングロード
  • 開発者インタビュー
    • 01.チーフエンジニア
    • 02.動的評価
    • 03.レクサスマイスター
  • フォトギャラリー
  • これまでの新型「レクサスGS」
  • 新型「レクサスGS」オフィシャルサイト