最高峰のSUVで“非日常”の軽井沢へ
  • TOP トップ
  • PHILOSOPHY AND HISTORY キャデラックの哲学と歴史
  • DRIVING IMPRESSION 01 SRX クロスオーバー Route1 東京
  • DRIVING IMPRESSION 02 CTS クーペ Route2 箱根
  • DRIVING IMPRESSION 03 エスカレード Route3 軽井沢
  • OFFICIAL SITE 最新情報

大きいのに、大きすぎない車両感覚

もちろんハイエンドのSUVだということは知っているし、セレブと一緒に写っているスナップ写真は何度も目にした。かつての輸入代理店や並行輸入業者が日本に入れたものなのか、最近は都心のおしゃれスポットで見かける頻度も増えてきた。けれども縁がなかったというか、自分の手で「キャデラック エスカレード」のステアリングホイールを握ったことはなかった。

ゼネラルモーターズ・ジャパンが正規取り扱いを始めたことで、ついにエスカレードを体験する機会を得た。アメリカンラグジュアリーSUVの最高峰とはどんなものなのか。未知の強豪との対戦(?)を前に、少しわくわくしている自分に気付く。

キャデラック エスカレード

目的地は、軽井沢に定めた。高速走行から急勾配のワインディングロードまでさまざまなシチュエーションが経験できるし、鬼押出しにまで足を延ばせば日本とは思えない雄大な絵が撮れる。日帰り可能な距離で"非日常"を味わわせてくれる軽井沢は、仕事でも遊びでも"使える"場所なのだ。

都心の集合場所で初めてエスカレードに乗り込んでスタートした瞬間、おやっと軽い驚きを覚える。外からだと大きく感じるのに、実際に走らせてみると印象がだいぶ異なるのだ。さすがに5mを超す長さと2m超の横幅だから大きなクルマではあるのは間違いないけれど、ステアリングホイールを握っているかぎり、大きすぎるとは感じないのである。

キャデラック エスカレード

その理由として、ボディーの四隅が把握しやすいことと、望外に小回りが利くといった物理的な要因が挙げられる。加えて、操作した時の感触のキメが細かいという、感覚的な理由もある。

発進加速でアクセルペダルをそっと踏むと、6.2リッターのV型8気筒エンジンはわずかに回転を上げるだけで豊かなトルクを生む。ノイズもバイブレーションもほとんど感じさせないまま、強力なエネルギーがエスカレードをすっと押し出す。変速時のショックを感じさせない6速ATとの連携プレーで、市街地でのエスカレードの振る舞いは、実に洗練されている。

キャデラック エスカレード
  • PREV TO CTS
  • エスカレード Route3 軽井沢 PAGE1
  • NEXT TO PAGE2