webCG カーナビの達人
webCGカーナビの達人 > 2012年夏のカーナビ > カロッツェリアAVIC-VH99HUD(8/10)

案内

危惧するほど邪魔にならない
ヘッドアップディスプレイの存在

 AVIC-VH99HUDの場合、HUD、ナビ画面、音声と、あらゆる方向から案内が提供される。最も気になるのは、HUDは本当に役に立つのかということだろう。まず、HUDが視界を妨げないかという問題。実際に使用したところ、運転中さほど気にならなかった。試乗車のスバル・レガシィで感じた、身長170cm弱の筆者の印象である。もちろんクルマや着座位置、使う人の身長によって印象は変わってくるだろう。

 運転中邪魔にならないということは、HUDの情報と外の景色を同時に見ることはないということ。HUDの情報を見るときは視線をコンバイナーに移す。写真ではレンズのマジックで、風景に情報が重なっているように見えるが、実際の運転中は、外は外、HUDはHUDと別々に見て頭の中で重ね合わせることになる。

同じくHUDのドライバーモード。停車すると情報が若干増える。


HUDの地図モード。日中でも逆光でない限り情報が見えないことはない。

戻る
Copyright 2012 Nikkei Digital Media, Inc. All rights reserved.