webCG カーナビの達人
webCGカーナビの達人 > 2012年夏のカーナビ > イクリプスAVN-ZX02i(6/11)

さすがに「〜じゃ」のようなしゃべり方(地域によって異なる)や合成音声は、筆者、カメラマン、編集者のアラフィフ男3人組だけで聞くには気恥ずかしいが、子どもには受けるだろうし、勉強にもなりそうだ。

 ご当地クイズは、走行中の土地にちなんだクイズが満載で、大人でも間違えてしまう難しい問題も多々ある。子どもの勉強に役立つどころか、お父さんの知識も増える。四択だからドライバーのお父さんも参加可能。DSを操る子どもに「お父さんはA」などと伝えればいい。これで車内の会話ははずむだろうから、渋滞中、子どもが飽きたりぐずったりするのを抑えるのには、大いに役立つはずだ。

 DSを立ち上げたまま操作をしていないと、DS側が「王様ゲーム」を提案してくることも。とにかく、DSを立ち上げておくと、しゃべり過ぎと思えるほど、キャラクターの声がスピーカーから出てくるが、これも子どもを飽きさせないための工夫と思えば納得がいく。

「クルマでDS」を立ち上げたら、まずはドライブに出かける人のMii(アバター)を作ってシートに座らせる。ご当地クイズは走行中の土地にちなんだクイズを出題。回答は四択で。けっこう難しい問題もあり。

戻る
Copyright 2012 Nikkei Digital Media, Inc. All rights reserved.