webCG カーナビの達人
webCGカーナビの達人 > 2012年夏のカーナビ > パナソニックCN-H510WD(6/9)

検索

「ルートチューン」の活用でルートを
思いどおりに描く

 スマートフォンをお持ちなら、住所や電話番号検索以外はスマホの検索で事足りると思うが、ナビ側にも、住所や電話番号のほか、50音検索、ジャンル検索、郵便番号検索、周辺検索など、充実した検索データが収録されている。周辺検索は、ルートサイドの施設のみピックアップして検索することも可能だ。また専用サイトの「おでかけ旅ガイド」で検索した地点やルートをSDカードやBluetooth経由でナビに取り込むこともできる。これらの使い勝手はいい。

 ルート探索はおまかせ/有料優先/一般優先/距離優先/ecoの5ルートを同時探索可能。水色/ピンク/黄色などの派手な色で色分けしているので、見比べやすい。5ルートが出てくるまでの時間も早く、ユーザーを待たせない。経由地は「ルートチューン」という、ルートを吟味する項目から設定できる。この操作もわかりやすいものだ。

 目的地と経由地の並べ替えや乗り降りICの指定、探索条件の変更もルートチューンでできる。

50音で名称検索すると候補が絞り込まれる。エリアやジャンルで絞り込むこともできる。


ルート探索するとまずは推奨ルートを表示。5ルート探索も可能。

戻る
Copyright 2012 Nikkei Digital Media, Inc. All rights reserved.