webCG カーナビの達人
webCGカーナビの達人 > 2012年夏のカーナビ > 三菱 NR-MZ60PREMI(4/9)

特徴

カーナビというジャンルを超えて
オーディオとしての高音質を実現

 ダイヤトーンは、ホームオーディオ全盛時には世界屈指のスピーカーブランドとして名を馳せた。現在は高級カーオーディオブランドを中心に製品を展開し、高音質ブランドとして変わらぬ地位を確立している。そのブランド名をカーナビの商品名に使ったのはもちろん初めて。どこがすごいのか、オーディオ部を詳しく見てみよう。

 ハードスペックはカーナビのそれではなく、まさしく高級オーディオだ。いい音のキモとなるデジタル回路には、32bitDACと非常にきめ細かい処理をする40bit演算精度のDSPを搭載。これはCDやUSBメモリーなどに収録されたデジタル音楽信号をアナログ信号に変換したり、音質調整機能の演算に使われるパーツで、ざっくりといえば数字が大きいほど音が緻密で情報量が多いということ。すなわち元のデジタルデータの劣化を防いで、いい音で再生できるということになる。もちろん単純に数字の大きいパーツを使えばよいのではなく、どういう音を出すかという目標値を決め、効果的でなおかつノイズに影響されない設計をする必要がある。

クルマが高出力エンジンだけでは速く走れず、足回りや空力デザインなどのすべてにおいて最上を目指すのと同じで、音に関わる回路やパーツは吟味を重ねた末に決められる。こういう描写をするとものすごくマニアックな製品で取っつきにくさを感じるかもしれないが、実際には操作で難しいところはなく、普通にソースを選んで再生するだけで、いい音を楽しむことができる。高級カーオーディオのように外部アンプを付ける必要もないし、市販の高級スピーカーを使わなくてもよいのだ。純正スピーカーのままで、NR-MZ60を接続するだけで充分にいい音を手に入れられるということが、このユニットの最大の特徴といえるかもしれない。

アナログの回転式ツマミを模したと思われるAVモードのメニュー。PREMIは外観もゴールドのライン/茶色のフレームとなり、オーディオフリークの心をくすぐる(タイトル写真参照)。

戻る
Copyright 2012 Nikkei Digital Media, Inc. All rights reserved.