webCG カーナビの達人
webCGカーナビの達人 > 2012年夏のカーナビ > クラリオンNX712(2/4)

アプリは雲(クラウド)に置く

 クラリオン2012年のトップモデル「NX712」は、これまでの通信カーナビとも一線を画す「アプリ通信取得ナビ」である。NX712の先進ぶりを説明するには、ほぼ同時に発表された自動車向けクラウド型情報ネットワークサービス「SmartAccess」を絡めて説明する必要があるが、簡単にいえば、アプリも各種情報もクローズされた箱の中に持つのではなく、必要に応じて最新のものをサーバーから落として利用しようというナビなのである。その通信手段にiPhoneや携帯電話のパケット通信を使おうというわけだ。

 ただし、ナビ機能は従来のものがベースで、NX712には地図データもあればナビアプリも自身で持ち、16GBのSDカードの中に収録されている。サーバーに置いているのは、現在のところ情報系とSNS系。具体的にいえば、世界5万局以上のインターネットラジオ、ニュースや天気予報の最新情報、FacebookやTwitterの表示や投稿といったものがすでに利用可能。将来は緊急時のEコールといった実利性の高いものにも、サービスが広がっていくことを期待したい。

iPhoneをつなぎ、画面上の「Smart Access」ボタンを押すと現われる通信アプリメニュー。ナビの新しい世界がここから始まる。


5つのiPhoneアプリのうちインターネットラジオのTuneInを選ぶ。「ブラウズ」を選ぶと世界のラジオ局の名がズラリ。心は海外ドライブの気分に。

戻る
Copyright 2012 Nikkei Digital Media, Inc. All rights reserved.