webCG カーナビの達人
webCGカーナビの達人 > 2012年夏のカーナビ > クラリオンNX712(4/4)

音声案内はさらに多彩に

 インターネットを使った機能といえば、以前から「オンライン交通情報サービス」がある。タクシーの走行データを活かした日立のリアルタイムな交通情報サービスだが、その通信媒体を携帯電話だけでなくUSBモジュールを使った定額料金制も今回から用意。ヘビーユーザーには悩みの種となっていた高い通信料もこれで抑えられる。

 クラリオンならではの機能も枚挙に暇がない。ユーザーの多国籍化に合わせてすべてのメニュー画面が日・英・韓・中国語の4カ国語切り替えができるようになったほか、従来からユニークな音声誘導も進化。人気声優だけでなく自分や家族、恋人などが録音した音声で誘導案内することまでできるようになった。

 時代をリードする先進技術を積極的に取り入れながらも、ナビ本来の機能や楽しいドライブ支援にも手を抜かない。そんなクラリオンの新しい姿勢を具体化したのがNX712といえるだろう。

通信機能の影に隠れた形だが、ナビ性能にも磨きがかかった。その筆頭が出入口がわかりにくい大型施設の適切案内。同乗者を送迎するときに大いに役立つ。鉄道博物館を目的地に設定すると「施設出入口地点を表示します」の案内とともに施設中心とは別の地点にポイントが置かれた。

戻る
Copyright 2012 Nikkei Digital Media, Inc. All rights reserved.