webCG カーナビの達人
webCGカーナビの達人 > スマートフォンがカーナビを変える > イクリプス Driview/リモトーク/どこCar/TwitDrive (1/2)

イクリプス Driview/リモトーク/
どこCar/TwitDrive

 イクリプスもスマートフォン連携には積極的だ。対象はiPhoneだけだがすでに5つの同社ナビ専用のアプリを用意、もうひとつの機能拡張「クルマでDS」と一体編集だが、通常のカタログとは別に専用の案内冊子を用意しているあたりに力の入れようがわかる。

 アプリがイクリプス・ナビ専用ということは、それだけ特化した機能が味わえるというわけ。まず「リモトーク」は音声を発信することで同時に位置を発信するもの。他のリモトーク・ユーザーが応えればその位置が地図画面に表示される。仲間同士でのドライブならはぐれてもお互いの位置がわかるし、見知らぬ人同士でも渋滞情報や駐車場の空き情報などもやりとりできる。「どこCar」は駐車場にクルマを駐めたあとスマホを持ち出すと自動的に起動、駐車位置を記憶し、戻ってきたときに駐めた場所がわかるというもの。大規模駐車場で役立ちそうだ。「TwitDrive」はみつけたお店やスポット情報、交通情報などをみんなで投稿して情報を共有しあうというもの。位置情報が付いているので気に入った場所は目的地に設定することもできる。

DriviewはiPhoneのカメラ機能を活かし、前方の風景を動画でナビ画面にも表示。


こちらは画面部分を拡大したもの。風景動画の上には曲がる方向が矢印で示される。

戻る
Copyright 2012 Nikkei Digital Media, Inc. All rights reserved.