webCG カーナビの達人
webCGカーナビの達人 > スマートフォンがカーナビを変える > イクリプス Driview/リモトーク/どこCar/TwitDrive (2/2)

 以上はAVN-ZX02i、Z02i、F01iで利用可能だが、前2者はさらにできることが多くなる。それは女性向け週末旅ガイドとして人気の「ことりっぷ」などを使って、探した店やスポットをナビに転送して目的地設定できるというもの。これには、スマートフォンとナビをBluetoothでつなぐ中継アプリともいうべき「NaviCon」をインストールする必要がある。この2機種で実現可能なもうひとつ注目すべき新しいiPhoneの使い方が「Driview」だ。これはiPhoneの動画カメラ機能を利用するもので、フロントウィンドー越しに置いたiPhoneからの前方映像をナビ画面の半分に映し出し、画面上方には次の曲がる方向を矢印で示し、目的地の方向も表示。風景には位置情報の付いたTwitDriveのコメントがアイコンで表示される。iPhoneには両面にカメラを持っているが、前方とは反対側のカメラもフル活用。iPhoneをダッシュ中央に固定すれば後席の状態を撮影。後席に子供が乗っている場合、運転しながら注意を払うのはほぼ不可能だが、ナビ画面に映っていれば手に取るように様子がわかる。いずれもZX02iの大画面が活きる使い方といえるだろう。

同じ位置に置いたiPhoneのもうひとつのカメラも利用すれば後席の様子も画面で見られる。

戻る
Copyright 2012 Nikkei Digital Media, Inc. All rights reserved.