webCG カーナビの達人
webCGカーナビの達人 > スマートフォンがカーナビを変える > カロッツェリア・スマートフォンリンク「アプリユニット」

カロッツェリア・スマートフォンリンク「アプリユニット」

 商品名がズバリと内容を語った商品である。見た目はカーナビそのもの。しかし実際は、単に「アンプ、CD/DVDプレーヤー、AM/FMチューナーを内蔵した2DINサイズの7型ディスプレイ」に過ぎない。ナビとして使うには、指定のナビアプリをインストールしたスマートフォンとつないで初めて実現する。指定のアプリとは、アンドロイド搭載スマートフォンの場合は「ドコモ ドライブネットpowerd by カロッツェリア」。これは昨年からドコモと共同で始めた、ドコモ・スマートフォンとパイオニア製ナビクレイドルを使って高性能スマートフォンナビを可能としたナビアプリ。これをこのアプリユニットでも使う。今回注目すべきはiPhoneにも対応したことで、そのために新たにiPhoneアプリ「カロッツェリア Linkwith カーナビゲーション for iPhone」を用意した。Bluetoothを搭載しているので、どちらのスマートフォンもワイヤレスで接続できる。なお、ナビアプリはどちらも有償である。

 iPhoneアプリ名に出てくる「Linkwith」というのはアプリユニットのキモで、スマートフォンアプリをアプリユニットで利用できるようにするための接続アプリ。

これをスマートフォンにインストールすれば、対応可能なアプリならアプリユニットの7型画面に表示し、タッチパネル操作で使えるようになる。利用可能なアプリは、インターネットラジオ、ビデオ、グルメ、気象情報などがある。このほかスマートフォンに収録された音楽や映像データも呼び出すことができ、車載スピーカーから臨場感ある音声を楽しむことができる。

 バリエーションは2つ。フル装備のSPH-DA09のほか、機能を絞ったSPH-DA05もある。いずれもオープン価格、実勢価格でDA09が5万円前後、DA05は3万5000円前後と、すでにPND級の低価格だ。

斬新なフレームデザインをまとったスマートフォンリンク「アプリユニット」。

戻る
Copyright 2012 Nikkei Digital Media, Inc. All rights reserved.