webCG カーナビの達人
webCGカーナビの達人 > 使えるスマートフォン・ナビアプリ6選 > ドコモ・ドライブネット

 そしてこのアプリの最大の特徴は、専用のナビクレイドルと組み合わせることで、PNDと同等の測位精度を手に入れられることと、通信をフルに生かした渋滞情報や機能を備えているということだ。スマートフォンのカーナビアプリは、基本的にスマートフォンに内蔵されているGPS によってのみ自車位置を測位している。現在のGPS測位のタイミングや計算が速く、徒歩用のナビならば精度も充分なのだが、クルマだと周囲に高層の建物があったり走行速度が速すぎると誤差を生じることがある。もっとも困るのはトンネルや高架下など、GPS信号を受信できない状態が続くことで、この場合は自車位置を見失ってしまうことになる。もちろんGPSの受信が再開されれば、地図上の自車位置も正確な位置に戻るが、GPSを失った状態では、進行方向や曲がるポイントがわからないということになる。これがスマートフォンのカーナビアプリにおける最大の泣き所なのだが、ドコモはより正確に測位のできるGPSレシーバーと、3Dハイブリッドセンサーを内蔵する専用のナビクレイドルを用意することで、この欠点を克服している。ドライブネットはこのクレイドルと併用してこそ意味があるといえよう。クレイドルは1万5750円と高価ではあるが、PNDを超える機能が手に入るのだから決して高くはないだろう。

 ナビクレイドルを使用することで実現できる機能も多く、しかもそれがドライブ時には欲しい機能ばかりというのも注目したい点。

その筆頭がパイオニアが提供するスマートループ渋滞情報で、リアルタイムな渋滞情報を反映したルート探索が実現可能となる。スマートループ渋滞情報は、実際に走行しているクルマからの情報を得て構築された情報で、VICS情報の約5倍にあたる33万kmに相当する道路をカバーしている。幹線道路だけではなく抜け道になっているような道路でも対応しているのがありがたい。→続く



地図表示は主要道が目立つきれいな色使い。専用クレイドルを利用すれば測位精度も向上。

縦位置使用ではルート案内中に出る拡大画面がメインとなる。左上に表示される矢印案内も親切。

Copyright 2013 Nikkei Digital Media, Inc. All rights reserved.