webCG カーナビの達人
webCGカーナビの達人 > 使えるスマートフォン・ナビアプリ6選 > カーナビタイム for Smartphone

ナビタイムらしい本格的なナビ機能を搭載
ナビタイムジャパン
カーナビタイム for Smartphone

月額525円 または 年額5700円

 電車の待ち時間や駅構内の通過時間を含めた目的地までの最短の案内や、乗る位置までも指定する「トータルナビ」で、ナビの概念を変えたナビタイム。そのナビタイムがドライブ用に作ったアプリが「カーナビタイム」だ。このカーナビタイムはスマートフォンのアプリというよりは、通信型PNDに限りなく近い機能を持つ。実はナビタイムには「ドライブサポーター」というカーナビアプリ(月額315円)もあるのだが、より本格的な案内地図や検索機能を持っている上位アプリが「カーナビタイム」なのである。

 ドライブサポーターとの大きな違いは、通信エリア圏外でもナビが可能であることと自車位置精度が高いということ。ドライブサポーターはどちらかといえば、オンラインでの機能を生かす形で作られているが、カーナビタイムはオンラインでもオフラインでも気にせず使い続けることができるのだ。地図データだけではなく検索エンジンも保持するため、いつでもどこでもストレスなく検索ができる。また、オンラインならばオンデマンドのVICSや駐車場満空情報、ガソリンの価格情報なども地図上に表示することも可能となっている。→続く


カーナビタイム for Smartphoneの画面はよく使う「現在地」と「MENU」がツマミのようなデザインで常時、画面の下側左右に置かれている。



駐車場検索画面。通信を活かして、さまざまな条件で絞り込める。ここまでできるのは車載専用カーナビでもない。

Copyright 2013 Nikkei Digital Media, Inc. All rights reserved.