DRIVING IMPRESSION 新世代レンジローバーの走りを試す

スポーツカーの楽しみがある

山道では、思い通りに走らせることができた。1780kgと決して軽くはないイヴォークだが、ハンドリングも兄貴たちとは別物で、むしろセダンやクーペの感覚に近い。

イヴォークが“乗用車的”な走りっぷりをするのは都内や地方の国道、高速道路などですでに確かめていたのだが、山道ではさらにその印象が強くなる。 コーナリングの際に、ハンドルを握っている指を少し送っただけでイヴォークは敏感に向きを変える。非常にクイック。コーナリング中のロール(横方向の傾き)は小さくない。

「クイックでロールが大きい」と聞くと、落ち着きがなく、クルマが常に不安定に揺れているように思われるかもしれないが、実際はその反対。グラッと一気に傾くのではなく、少しずつ深まっていく。ロールしている最中でもハンドルを切りながら修正することが可能で、とてもコントロールしやすい。
ハンドル裏のパドルを操作すればマニュアルシフトができるから、コーナーやアップダウンの連続するような山道では積極的に変速しながら走らせることができる。

「MagneRideアダプティブダイナミクス」を装備したモデルでは、ダイナミックモードを選ぶとロールが抑制され、ドライバーの入力に対する反応がよりシャープになる。
しかし、ハンドルを切った直後の反応がクイックであるのとは対照的に、イヴォークはコーナリング中の舵(だ)の修正を受け入れる余地の幅が広い。だから、山道を機敏に駆け抜けて味わい深く、操る楽しみが大きい。乗用車的と書いたが、操る楽しみの大きさからいうとスポーツカー的とたとえた方がより近いかもしれない。

乗り心地もドライバーにジャストフィットしたもので、大型のオフロード四輪駆動車を舗装路で走らせた時のような収まり切らない揺れなど皆無。直進している時の姿勢はフラットそのものだ。
標準サイズの17インチタイヤ装着車は、素直な反応と柔らかな乗り心地が美点。オプションの20インチとMagneRideアダプティブダイナミクスを装着するモデルでは、特に高速域での安定感の高さが印象的だ。

踏み固められた未舗装路に出会った際には、テレインレスポンスシステムの「草/砂利/雪」モードを選ぶ。スロットルペダルの踏み込みに対してエンジン回転の吹け上がりが少し緩やかになり、ひとつのギアの守備範囲が広くなる。エンジンの駆動力は滑り抜けることなく、安定感を保ったまま加減速し、コーナーを駆け抜けることができた。いつか本格的なオフロードや雪道も、走ってみたいものだ。

トップへ戻る