DRIVING IMPRESSION イヴォークに決めた理由

色の組み合わせに悩む

「最初に考えたのは、60歳になるので還暦の記念に赤いイヴォークにしようかな、ということでした。でも去年の東京モーターショーで実車を見て、赤じゃないな、と思ったんです」

次に考えたのは、インテリアを赤にするという選択肢だった。
「インテリアで赤を選ぶと、必然的に3ドアのイヴォーク クーペになります。となると、3ドアで内装は赤、外はどんなグレーにしようか、というところで悩みました」

ところがある日、ポンと吹っ切れる。
「還暦祝いはやめよう、と。赤いインテリアにこだわらないなら5ドアのほうがいいと思って、また一からやり直しです(笑)」

5ドアのエクステリアカラーとインテリアカラーの組み合わせを考えると、まず思ったのは「レザーシートの色は絶対にタンがいい」ということだった。
「いま所有しているほかのクルマが黒ばっかりなので、イヴォークが黒になるのはつまらないと思いました」

インテリアをタンのシートにするために、上級グレード「Prestige」のスピリットという内装に決める。次はエクステリアだ。最初は、オークニー・グレーというシックな灰色を考えた。
「そうしたら、知り合いのインポーターの方が、オークニー・グレーはよくある色だと教えてくれたんです」
そこで、オークニー・グレー以外の色から、いくつかを候補にあげた。
「ハバナとバローロ・ブラックで悩んだ揚げ句、最終的にはハバナに決めました」

レンジローバー イヴォークを買おうと思ったら、まず3ドアか5ドアかを選ばなければならない。5ドアのイヴォークだったら「Pure」と「Prestige」、3ドアのイヴォーク クーペなら「Pure」と「Dynamic」、それぞれ2つのグレードが用意される。
そこにボディーカラーとインテリアカラーの組み合わせや、さらにはルーフの色をどうするかという選択。そしてオプション。イヴォークを購入するのはこんなにも悩み所が多い。

「たとえ中古で価格の安い個体が見つかっても、それが自分の好きな色の組み合わせじゃなかったらつまらない。1年待っても好きな仕様に乗りたいクルマですね」というのが松任谷さんの意見だ。確かに、撮影用のフィレンツェ・レッドと松任谷さんのハバナを並べて比べると、別のクルマかと思うほど印象が違う。

トップへ戻る